DNA/RNA オリゴヌクレオチドの分離

LC および LC-MS ベースの分析の課題に対処

逆相およびイオン交換クロマトグラフィーを用いた合成オリゴヌクレオチドおよび関連する DNA/RNA の分析において、これらの不均一な対象物(短いものから長いものまで様々な配列のオリゴヌクレオチド)を精製および分析する能力については十分に周知されています。MS 検出器の使用が増加したことにより、ウォーターズはさまざまなアプリケーションニーズに基づいて、高い pH 耐性を持ち、MS に適合する第一世代のハイブリッド粒子 としてXTerra C18 ファミリーを発表しました。ウォーターズの第ニ世代のハイブリッド粒子にあたる BEH C18 は、その性能をさらに拡張したものです。

  • さまざまなカラムサイズに適した粒子径をラインアップ( 1.7 μm UPLC 粒子、2.5 μ m HPLC/UHPLC 粒子、および 5 μm ラボスケール分取サイズで拡張性の高い製品を提供)
  • 分析結果の信頼性向上:MaxPeak HPS を採用した PREMIER カラムは、金属表面に吸着しやすいサンプルを対象とするお客様向けのカラムです。感度、回収率、再現性が向上し、カラムのコンディショニングにかかる時間が短縮されるように設計されています。
  • 卓越した分離性能と優れたカラム寿命
  • 結果の信頼性:すべてのカラムは、関連する標準サンプルを用いて QC テストされており、バッチ間およびカラム間の一貫した性能が保証されています
見積もり依頼 今すぐ注文する
  • 概要
  • 関連製品情報
  • 商品
  • 製品カタログ
  • アプリケーションノート
  • サービス&サポート情報検索
`