コンバージェンスクロマトグラフィーに関する専門誌記事

 

UltraPerformance Convergence Chromatography™ (UPC)は複雑な分析をルーチンに変える分離科学の新しいカテゴリーです。  

ACQUITY UPC システムは相補的なデータをごく普通に提供する信頼できる技術基盤になるでしょう。 サンプル前処理を含む分析ワークフローの時間を短縮することができるため、データの解析などより早く答えを導き出すことができます。

 

コンバージェンスクロマトグラフィーやACQUITY UPC2システムが業界においてどのように語られているのか、以下のリンク先よりGEN, American Laboratory, Chromatography Todayの記事を無料でダウンロード、お読み頂くことができます。

 

 

 

 

Pushing the Boundaries of Chromatography - GEN, 2013年6月号  

"Convergence chromatography brings the SFC practice into mainstream analytical techniques... it's the combination, or convergence, of GC and LC. Laboratory scientists know deep down that GC and LC are robust. They trust those technologies. We wanted to bring that same level of trust to SFC."

概訳:コンバージェンスクロマトグラフィーはSFCを分析技術の本流に引き上げた…それはGCとLCの組み合わせ、もしくは収束。元来、ラボの研究者はGCとLCは堅牢であることを知っており、信頼している。われわれはSFCが同じレベルの信頼できるシステムに引き上げられることを望んでいた。

 

 

"State-of-the-Art Separations with Convergence Chromatography" - American Laboratory, 2013年3月号 

The ACQUITY UPC (UltraPerformance Convergence Chromatography™ System) from Waters (Milford, MA) was intro­duced at Pittcon® 2012, where it received the Pittcon Editors’ Gold Award. Many greeted the introduction with skepticism since, for decades, SFC had failed to live up to expectations, but Waters was adamant that, at last, they had gotten it right...

概訳:2012年のピッツコンにおいてウォーターズからACQUITY UPC (UltraPerformance Convergence Chromatography™ システム)が発表され、Pittcon Editors’ Gold Awardを受賞した。数十年間、SFCは期待に沿うことができなかったため、今回の発表に対しても多くの人が懐疑的であったが、不屈なウォーターズはついに信用できるものを得た。

"A New Separation Tool for a Broad Range of Analytical Challenges: UltraPerformance Convergence Chromatography" - Chromatography Today, 2012年11/12月号

In 2012, new technology was introduced that may finally enable the realization of J. Calvin Giddings’ vision of convergence chromatography. UltraPerformance Convergence Chromatography (UPC2) precisely pumps supercritical CO2 as the predominant mobile phase solvent through small-particle stationary phases offering a wide range of selectivity. UPC2 delivers high efficiency, shorter separation times, reduced solvent consumption, streamlined sample preparation, and lower cost of analysis per sample (often a savings of > 95%).

概訳:2012年、J. Calvin Giddingsが思い浮かべていたコンバージェンスクロマトグラフィーをついに現実化した新しい技術が発表された。UltraPerformance Convergence Chromatography (UPC2)は幅広い選択性をもたらす微粒子の固定相の中を通る主要移動相溶媒としての超臨界流体CO2を正確に送液する。UPC2は短い分離時間、溶媒消費量の削減、サンプル前処理の合理化、一分析にかかるコストの削減(多くの場合、95%以上の削減)など高い効果をもたらす。

 

 

`

お問い合わせはこちら

企業情報