コンバージェンスクロマトグラフィー

コンバージェンスクロマトグラフィー。それは、セパレーションサイエンスの新たなカテゴリー

卓越した選択性をもったツール
コンバージェンスクロマトグラフィー(CC)は、移動相と固定相の組み合わせの自由度が高いシステムです。CCで利用される主な移動相は超臨界CO2で、全ての有機溶媒と混和します。また、一般的な逆相LCと順相LCの固定相(カラムケミストリー)を使用することができ、分離領域が大幅に拡がります。

ラボのワークフローを劇的に効率化
ワークフローの向上や、時間と作業コストの削減を目指す上で、最も改善が必要なのはサンプルの前処理であるという声が多く聞かれます。サンプルを調整する手法とは関係なく、多くのマトリクスは、有機溶媒に良く反応し、それゆえ溶けやすいという性質をもっています。サンプルを分析するためには、有機溶媒抽出液から溶媒を気化させる必要があり、それがサンプル調整の中で最も多くの時間を要するステップとなります。

ACQUITY UPC2は、前処理後の有機溶媒比率の高い抽出液をそのまま注入できるため、サンプル前処理時間の大部分を占めるステップを省くことができ、他のクロマトグラフィー技術と比べ、分析のワークフローを劇的に合理化します。

実績のあるUPLCテクノロジーに基づいて構築
ACQUITY UPC2システムの優れた信頼性、頑健性、感度そしてスループットの基盤にはACQUITY UPLCテクノロジーがあります。ACQUITY UPC2システムは、拡散が極めて少なく、CO2と共溶媒の混合を制御するために特別に設計された全く新しいクラスの分離システムです。他に類を見ないほどカラムや移動相の選択の幅が広く、ACQUITY UPC2システムは、複雑な分析をルーチンに変える究極のソリューションなのです。


ACQUITY UPC2 (UPC スクエア) システム - 超臨界流体クロマトグラフィー (SFC) 分析 ACQUITY UPC2 (UPC スクエア) システム – 超高性能 超臨界流体クロマトグラフィーについて。移動相として拡散性に優れた二酸化炭素を用いるクロマトグラフィーです。LCやGCで分析の困難な化合物に威力を発揮します。
SFC カラム Trefoil および Torus カラムは、キラルおよびアキラル分離に比類ないスピードと信頼性を提供します。
SFC SFCは移動相にCO2を用いる画期的なクロマトグラフです。SFCは順相クロマトグラフィーに相当し、構造異性体・光学異性体(キラル)など比較的分離分析が難しい場合に活躍します。
`
Cosmetics & Toiletries Hosted Webinar:

Supercritical CO2 to Support the Research & Development of Cosmetic Products
Learn more

JSTサイエンスチャンネル
取材映像公開!!

ビールの泡で高性能分析
UPC2はビールサーバなど­に用いられる食品添加物用CO2を用いて、物質の成分を高精度に分­析することができます。
詳細・ご視聴はこちら