Executive Team

Executive Team

当社の役員は、毎年取締役会により選出され、取締役会の判断のもと在職します。当社の役員は以下のメンバーです。

役員登録者


Udit Batra 博士:社長兼最高経営責任者

ウォーターズコーポレーションの社長兼 CEO である Batra 博士は、医療およびライフサイエンス業界における 20 年以上のリーダーシップと業務経験で得られた専門知識を誇っています。Batra 博士には、数十億ドル規模の国際企業のリーダーとして、業界トップの成果を上げてきた確かな実績があります。 

Batra 博士は、2020 年 9 月にウォーターズに入社する前は、ドイツ・ダルムシュタットにある Merck KGaA の 77 億ドルのライフサイエンス事業(米国とカナダでは MilliporeSigma として運営)の CEO を務めていました。2015 年、Batra 博士の主導により MilliporeSigma が設立され、当時のライフサイエンスツール業界では最大の合併となりました。Batra 博士は、事業の戦略的および運営上の変革を推進するチームを率い、記録的な売上の成長と利益率の向上を推進しました。2011 年から 2013 年にかけては、Merck KGaA のコンシューマーヘルス事業の CEO として活躍しました。在任期間に事業の収益性が 2 倍に伸び、業界トップレベルの層において有機的成長を遂げました。

それ以前の経歴としては、スイスの多国籍製薬企業である Novartis において、幅広いリーダーとしての立場を務めました。ワクチンおよび診断における企業戦略、国際的な公衆衛生および市場アクセス部門のリーダーを務めた他、オーストラリアの製薬部門の社長も務めました。在職期間中、この子会社はオーストラリアの競合会社、および Novartis 社内でも最も急成長を遂げた事業となりました。Batra 博士は、その経歴の全体にわたって、特に低所得世帯の学生を対象とした科学教育の擁護、女性のリーダーシップ育成および促進に努め、自身が率いる組織全体の多様性を高めることを強く主張してきました。

Batra 博士は、米国ニューイングランド評議会による 2020 年に最も活躍したニューイングランドの人物(2020 New Englander of the Year)、2019 年 NECA 最優秀実業家(2019 NECA Business Person of the Year)、Pharmavoice 誌が選んだ最も感銘を与えた人物 100 人(Pharmavoice Top 100 Most Inspirational People)(2017~2019 年)、ボストンビジネスジャーナルの 2019 年の最も有力な 50 人(Boston Business Journal’s 2019 Power 50)および 2016 年の年間最優秀 CPhl 製薬企業 CEO(2016 CPhl Pharma CEO of the Year)など、そのリーダーシップに対して数々の称賛と表彰を受けています。

現在はマサチューセッツハイテク評議会の議長であり、ボストン商工会議所と MassBio の理事会メンバーを務めています。Batra 博士は、プリンストン大学とデラウェア大学で化学工学の博士号と学士号をそれぞれ取得しており、プリンストン大学とデラウェア大学の化学工学部の諮問委員会に所属しています。

Keeley Aleman:シニアバイスプレジデント兼法務顧問兼書記役

Keeley Aleman は、2019 年にウォーターズコーポレーションのシニアバイスプレジデント兼法務顧問兼書記役に任命されました。現在の職務において、Keeley Aleman はグローバル法務チームの戦略的方向性と特定戦術計画を監督し、戦略的取引、合併・買収、雇用問題、訴訟、子会社のガバナンス、コンプライアンス調査、法的合意および会社間取引など、グローバルな法務問題に関して全体的な責任を担っています。ウォーターズ入社以来、バイスプレジデント、副法務顧問兼副書記役、副法務顧問を歴任しました。

ウォーターズに入社する前は、Goodwin Procter LLP で企業執行役員、Testa、Hurwitz & Thibeault, LLP で企業執行役員を務め、事業および証券法の問題や取引のあらゆる側面で公開企業を代表する立場を担う一方で、資金調達、合併、買収、企業の維持などの継続的で全般的な企業の問題に関して民間企業を代表していました。

Keeley Aleman は 1998 年にカリフォルニア大学デービス校を優秀な成績で卒業し、2003 年にボストン大学ロースクールを極めて優秀な成績で修了しました。

マサチューセッツ州の Lawyer Weekly 誌は、2017 年の最も卓越した女性法律家(Top Women of the Law)として Keeley Aleman を表彰しました。

Michael Silveira:バイスプレジデント、暫定最高財務責任者

Michael Silveira は、2021 年 1 月にウォーターズコーポレーションの暫定最高財務責任者に任命されました。Michael Silveira は、財務および情報技術部門のあらゆる側面において直接の責任を担っており、ウォーターズの長期的な価値創造を構築するための企業戦略の実務に携わっています。Michael Silveira は、インベスター・リレーションズ、会計、税務、財務などを監督しています。

Michael Silveira は 2004 年にコーポレートコントローラーアシスタントとしてウォーターズに入社し、2013 年にバイスプレジデント兼コーポレートコントローラーに任命されました。2018 年初頭以来、Michael Silveira は財務、税務および企業財務計画と分析、並びに会計および外部報告の監督を務めました。

ウォーターズに入社する前は、Astro-Med, Inc(nka AstroNova)、Textron, Inc.、および KPMG で上級財務管理職を歴任しました。

Michael Silveira はプロビデンス大学で会計学の学士号を取得し、公認会計士の資格があります。

Rob Carson:企業開発担当シニアバイスプレジデント

Robert(Rob) Carson は、ウォーターズコーポレーションの企業開発担当シニアバイスプレジデントとして 2018 年 2 月に入社しました。現在の任務として、ウォーターズの M&A、企業ベンチャーキャピタル、および戦略開発の取り組みを主導しています。また、企業の広報活動も担当しています。

Robert Carson は、経営管理、マーケティング、経営戦略、および資本市場ファイナンスなどを幅広く経験しています。ウォーターズ入社前は、Medtronic にて、心臓ペースメーカービジネスにおけるバイスプレジデントおよびゼネラルマネージャーをはじめ、同社の脊椎・神経関連事業、および IR 業務などに携わって、16 年間勤務しました。また、Banc of America Securities にて 4 年間、投資銀行部門アナリストおよびアソシエイトとして勤務しました。

Robert Carson は、バージニア大学で学士号を取得後、ペンシルべニア大学ウォートン・スクールで MBA を取得しました。

Mike Harrington 博士:グローバルマーケット担当シニアバイスプレジデント

Mike Harrington は、2016 年にウォーターズグローバルマーケット担当シニアバイスプレジデントに任命されました。Mike Harrington は、世界全体のウォーターズのフィールド業務およびマーケティング組織の責任を担っています。Mike Harrington はウォーターズで長年活躍してきました。1995 年、英国での逆相分離事業のゼネラルマネージャーとしてウォーターズに再入社し、新たに買収した事業をウォーターズのケミストリー事業に統合することに成功しました。その後は 1998 年に米国に異動し、米国化学販売部門のディレクターを務めました。その後、ウォーターズの装置、質量分析、および消耗品のラインナップ全体を担当する米国販売部門のシニアディレクターを務めました。

2006 年、Mike Harrington はフランスのヨーロッパ本社に拠点を置く、EMEA およびインドを担当するヨーロッパ事業担当バイスプレジデントに昇進しました。西ヨーロッパを 15 の独立国から 3 つの地域に再構築することで、業務の有効性と効率を高めました。ヨーロッパの事業は、Mike Harrington のリーダーシップの下で、強力な収益性と貢献度を維持しつつ、2005 年の 3 億 5000 万ドルから 2011 年にはほぼ 5 億ドルまで成長しました。

2011 年 8 月、Mike Harrington は新たに創設されたヨーロッパおよびアジア太平洋地域での事業担当のバイスプレジデントの役職に就任し、ウォーターズの全世界的な事業および 2,000 を超える販売、サービス、サポートを行うスタッフを抱える組織のほぼ 3 分の 2 の損益に対して全責任を担うようになりました。

ウォーターズ入社前は、英国の Millipore にロンドンの営業担当者として入社しました。その後、地域営業マネージャーになり、分析および生物科学部門の英国全体の営業マネージャーになりました。1994 年、Mike Harrington は英国と北欧の営業およびマーケティングマネージャーとして Celsis Inc に入社しました。

Mike Harrington は 1986 年にダブリンのトリニティカレッジで、生化学専攻で博士号を取得しました。

Belinda Hyde:グローバル人事担当シニアバイスプレジデント

Belinda Hyde は、2021 年 1 月にウォーターズコーポレーションのグローバル人事担当シニアバイスプレジデントに任命されました。Belinda Hyde は、人材管理、トータルリワード、人事ビジネスパートナー、人事業務およびテクノロジー、従業員エンゲージメント、多様性および包括性など、グローバル人事職務のあらゆる側面を担当しています。

ウォーターズに入社する前は、SPX FLOW および Schnitzer Steel の最高人事責任者を歴任しました。また、Caltex Petroleum、Dell Technologies、Invitrogen、Celanese Corporation などの企業で、事業と企業文化の変革、経営幹部の育成、人材管理、報酬、福利厚生、トレーニング、社内コミュニケーション、ビジネスパートナーのサポートにおいて指導的役割を果たしてきました。

Belinda Hyde はテキサス大学で心理学の学士号を取得し、ヒューストン大学で産業および組織心理学の修士号と博士号を取得しています。

Ian King:グローバルプロダクト担当シニアバイスプレジデント

Ian King は、2016 年 に、ウォーターズコーポレーションのグローバルプロダクト担当のシニアバイスプレジデントに就任しました。現在の任務として、ウォーターズブランドの製品の研究、開発、製品管理を担当しています。  

Ian King は 1982 年に英国の実験化学者としてウォーターズに入社し、ウォーターズの海外の子会社におけるさまざまな科学的業務および管理職に加えて、セパレーションテクノロジー担当のバイスプレジデントおよび消耗品部門のバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを歴任しました。

ウォーターズに入社する前は、エジンバラ大学で、臨床薬理学および毒物学の研究科学者として新規治験薬の薬物動態を研究し、アセトアミノフェン中毒の毒物学的メカニズムの解明に携わっていました。

Ian King はエジンバラ・ネピア大学で臨床生化学を専攻し、卒業しています。

Jonathan M. Pratt:シニアバイスプレジデント兼 TA Instruments プレジデント

Jonathan M. Pratt は、2019 年に、ウォーターズコーポレーションのシニアバイスプレジデント兼 TA Instruments 社長に就任しました。現在の任務として、TA の事業委員会を率い、全体的なグローバル戦略計画と会社のビジョン維持を担当しています。ウォーターズコーポレーションの CEO に直接報告し、TA Instruments のトップレベルの経営を監督し、組織の財務状態と経営について責任を担っています。Jonathan M. Pratt は、2020 年 8 月より、独立社外取締役および監査、報酬、指名およびガバナンス委員会のメンバーとして SPX FLOW, Inc. の取締役も務めています。

ウォーターズに入社する前は Beckman Coulter Life Sciences の社長を務め、買収を通じて、営業利益と収益の成長を有機的に改善する取り組みを主導しました。さらに、Danaher Corporation と Pall Corporation で上級職を歴任し、食品・飲料、ラボおよび ForteBio の各事業のプレジデントを務めました。

彼は、英国レディング大学で化学の学士号を取得し、ニューヨーク大学の Stern ビジネススクールで MBA を取得しています。

Dan Welch:グローバル事業担当シニアバイスプレジデント

Dan Welch は、2020 年にグローバル事業担当シニアバイスプレジデントに任命されました。ウォーターズの世界範囲内の製造活動、サプライチェーン、施設、HSE、品質・規制の各部門の責任を担っています。Dan Welch は、ミルフォード製造事業のシニアディレクターとして 2012 年にウォーターズに入社しました。2017 年、まずは資材管理のシニアディレクターに就任し、次にグローバルサプライチェーン担当バイスプレジデントとして、サプライチェーン部門に異動し、流通、ロジスティクス、取引の計画および調達の責任を担いました。

ウォーターズ入社前は、Advanced Electron Beam の事業担当バイスプレジデントおよび Evergreen Solar の事業担当バイスプレジデントを務め、ベンチャー支援を受けた新興企業で 6 年間の経験を積みました。Dan Welch のキャリアはインテル・コーポレーションから始まり、23 年間、先進工学および工学管理の職務を果たしました。

Dan Welch はクラークソン大学で化学工学の学士号を取得しています。

トップに戻る トップに戻る