経営陣

経営陣

Udit Batra 博士:社長兼最高経営責任者

ウォーターズコーポレーションの社長兼 CEO である Udit Batra 博士は、医療およびライフサイエンス業界における 20 年以上のリーダーシップと業務経験で得られた専門知識を誇っています。Udit 博士には、数十億ドル規模の国際企業のリーダーとして、業界トップの成果を上げてきた確かな実績があります。

Udit は、2020 年 9 月にウォーターズに入社する前は、ドイツ・ダルムシュタットにある Merck KGaA の 77 億ドルのライフサイエンス事業(米国とカナダでは MilliporeSigma として運営)の CEO を務めていました。2015 年、Udit の主導により MilliporeSigma が設立され、当時のライフサイエンスツール業界では最大の合併となりました。Udit は、事業の戦略的および運営上の変革を推進するチームを率い、記録的な売上の成長と利益率の向上を推進しました。2011 年から 2013 年にかけては、Merck KGaA のコンシューマーヘルス事業の CEO として活躍しました。在任期間に事業の収益性が 2 倍に伸び、業界トップレベルの層において有機的成長を遂げました。

それ以前の経歴としては、スイスの多国籍製薬企業である Novartis において、幅広いリーダーとしての立場を務めました。ワクチンおよび診断における企業戦略、国際的な公衆衛生および市場アクセス部門のリーダーを務めた他、オーストラリアの製薬部門の社長も務めました。在職期間中、この子会社はオーストラリアの競合会社、および Novartis 社内でも最も急成長を遂げた事業となりました。Udit は、その経歴の全体にわたって、特に低所得世帯の学生を対象とした科学教育の擁護、女性のリーダーシップ育成および促進に努め、自身が率いる組織全体の多様性を高めることを強く主張してきました。

Udit は、米国ニューイングランド評議会による 2020 年に最も活躍したニューイングランドの人物(2020 New Englander of the Year)、2019 年 NECA 最優秀実業家(2019 NECA Business Person of the Year)、Pharmavoice 誌が選んだ最も感銘を与えた人物 100 人(Pharmavoice Top 100 Most Inspirational People)(2017~2019 年)、ボストンビジネスジャーナルの 2019 年の最も有力な 50 人(Boston Business Journal’s 2019 Power 50)および 2016 年の年間最優秀 CPhl 製薬企業 CEO(2016 CPhl Pharma CEO of the Year)など、そのリーダーシップに対して数々の称賛と表彰を受けています。

現在、Udit は、ボストン商工会議所、MassBio およびマサチューセッツハイテク協議会の理事会メンバーを務めています。Udit はまた、化学工学の博士号を取得したプリンストン大学の化学工学部門、および化学工学の学士号を取得したデラウェア大学の諮問委員会に勤務しています。

Keeley Aleman:シニアバイスプレジデント兼法務顧問兼書記役

Keeley Aleman は、2019 年にウォーターズコーポレーションのシニアバイスプレジデント兼法務顧問兼書記役に任命されました。Keeley は、2006 年にウォーターズコーポレーションの法務顧問補佐として入社し、ウォーターズに在職中は、バイスプレジデント、副法務顧問、副事務局長、準法務顧問、および法務顧問補佐を含む、さまざまな役職歴任し、事業取引、商業戦略、国際開発、知財、コンプライアンス、コーポレート・ガバナンス、組織関連事項に関する助言を行ってきました。

ウォーターズに入社する前は、Goodwin Procter LLP で企業執行役員、Testa、Hurwitz & Thibeault, LLP で企業執行役員を務め、事業および証券法の問題や取引のあらゆる側面で公開企業を代表する立場を担う一方で、資金調達、合併、買収、企業の維持などの継続的で全般的な企業の問題に関して民間企業を代表していました。

Keeley Aleman は 1998 年にカリフォルニア大学デービス校を優秀な成績で卒業し、2003 年にボストン大学ロースクールを極めて優秀な成績で修了しました。

マサチューセッツ州の Lawyer Weekly 誌は、2017 年の最も卓越した女性法律家(Top Women of the Law)として Keeley Aleman を表彰しました。

Jianqing Bennett:TA Instruments 部門担当シニアバイスプレジデント

Jianqing Bennett は、2021 年 に、ウォーターズコーポレーションの TA Instruments 部門担当のシニアバイスプレジデントに就任し、TA の事業委員長を務め、全てのグローバル戦略企画を担当しています。

ウォーターズに入社する前は、Jianqing は Beckman Coulter Diagnostics(Danaher の事業会社)高成長市場部門のシニアバイスプレジデントを務め、高成長市場部門の P&L を担当して In-Vitro 臨床コアラボソリューションの全製品ラインを管理し、収益の増大と市場占有率の獲得を推し進めました。Beckman Coulter Diagnostics の前は、Carestream Health において 14 年間、数々の昇進を受け、その中で 2015 年から 2017 年まで Medical Digital Business のプレジデントを務めました。Carestream Health の前は、1995 年から 1999 年まで中国の GE Healthcare 社、2001 年から 2003 年まで米国の GE Healthcare 社で多数の役職を務めました。

Jianqing は中国上海の復旦(Fudan)大学でバイオ医療工学の学士号を取得し、アイオワ大学のマネジメント情報システムの分野で MBA を取得しています。

Amol Chaubal: シニアバイスプレジデント兼最高財務責任者

Amol Chaubal は、2021 年 5 月に、ウォーターズコーポレーションの最高財務責任者に任命されました。Amol は、財務および情報技術部門のあらゆる側面において直接の責任を担っており、ウォーターズの変革戦略および長期的な価値創造の構築に携わっています。 

ウォーターズに入社する前は、2019 年以来 Quanterix の最高財務責任者として、安定的な株主価値創造および還元の監督していました。2017 年から 2019 年までは、Smith & Nephew でグローバル事業担当最高財務責任者を務めました。Smith & Nephew の前は、2015 年から 2017 年まで、PAREXEL の臨床研究サービスおよびアクセス事業の副社長兼財務責任者を務めていました。2013 年から 2015 年にかけて、Brookfield Asset Management に属する Brookfield Renewable Energy グループの北米担当最高財務責任者、そして地域の最高業務執行責任者を歴任しました。Brookfield の前は、Novartis Vaccines & Diagnostics の北米担当最高財務責任者を務め、Novartis で 11 年間、スイス、カナダ、米国にわたって徐々に責任が重い役職を歴任してきました。彼は Procter & Gamble でキャリアをスタートしました。

彼はムンバイのインド工科大学で化学工学の修士号、フランスの INSEAD で MBA を取得しました。

Belinda Gaye Hyde 博士:グローバル人事担当シニアバイスプレジデント

Belinda Hyde は、2021 年 1 月にウォーターズコーポレーションのグローバル人事担当シニアバイスプレジデントに任命されました。Belinda Hyde は、人材管理、トータルリワード、人事ビジネスパートナー、人事業務およびテクノロジー、従業員エンゲージメント、多様性および包括性など、グローバル人事職務のあらゆる側面を担当しています。

ウォーターズに入社する前は、SPX FLOW, Inc. および Schnitzer Steel の最高人事責任者を歴任しました。また、Caltex Petroleum、Dell Technologies、Invitrogen、Celanese Corporation などの企業で、事業と企業文化の変革、経営幹部の育成、人材管理、報酬、福利厚生、トレーニング、社内コミュニケーション、ビジネスパートナーのサポートにおいて指導的役割を果たしてきました。

Belinda はテキサス大学で心理学の学士号を取得し、ヒューストン大学で産業および組織心理学の修士号と博士号を取得しています。

Kristen Garvey:企業広報担当バイスプレジデント

Kristen Garvey は、2019 年にウォーターズコーポレーションの企業広報のバイスプレジデントに任命されました。Kristen は、多数の利害関係者のグループ全体にわたるウォーターズの広報戦略を主導し、PR 活動、企業ブランディング、コミュニティへの参加、社員コミュニケーションを監督しています。2018 年から 2019 年にかけて、Kristen はウォーターズの企業広報のシニアディレクターを務めました。  

Kristen はウォーターズに入社する前は 2016 年から 2018 年まで Dell の内部通信のシニアディレクターを務めました。Dell 以前の経歴としては、EMC の内部通信において、様々なリーダーを務めました。それ以前の経歴として、Kristen はグレーター・ボストン商工会議所で女性ネットワーク諮問委員会のメンバーを務め、Chadwick Martin Bailey と DataViz で指導的立場を務めました。

Kristen はマサチューセッツ大学アマースト校で通信の学士号を取得しています。 

Jonathan Pratt:ウォーターズ事業担当シニアバイスプレジデント

Jonathan Pratt は、2021 年にウォーターズコーポレーションの Waters 事業部門担当のシニアバイスプレジデントに就任し、液体クロマトグラフィー、質量分析装置、消耗品、情報科学、販売、マーケティング、サービスを担当しています。Jonathan は、R&D と販売チーム、ならびに全てのグローバル戦略企画と会社のビジョンの維持の部門間協力を監督しています。

Jonathan は 2019 年から 2021 年まで、ウォーターズの TA Instruments 担当のシニアバイスプレジデントを務めました。ウォーターズに入社する前は Beckman Coulter Life Sciences の社長を務め、買収を通じて、営業利益と収益の成長を有機的に改善する取り組みを主導しました。さらに、Danaher Corporation と Pall Corporation で上級職を歴任し、食品・飲料、ラボおよび ForteBio の各事業のプレジデントを務めました。

Jonathan は、独立社外取締役および監査、報酬、指名およびガバナンス委員会のメンバーとして SPX FLOW, Inc. の取締役も務めています。彼は、英国レディング大学で化学の学士号を取得し、ニューヨーク大学の Stern ビジネススクールで MBA を取得しています。

 

Daniel Rush 博士:戦略および変革担当シニアバイスプレジデント

Daniel Rush 博士は、2021 年にウォーターズコーポレーションの戦略および変革担当シニアバイスプレジデントに任命されました。彼は執行委員会と協力して、グローバルな企業戦略を開発・実施しています。

ウォーターズに入社する前は、Bristol Myers Squibb(BMS)でグローバル商業化戦略およびイノベーション担当バイスプレジデントを務め、デジタルカスタマーモデルの変革を主導し、商業、医療、市場アクセスにわたる新規イノベーションシステムの導入を担当しました。BMS の前は、Novartis で 8 年間、 Global Pharma Strategy の上級職、Afinitor® の米国上市リーダー、Zometa® の米国マーケティング責任者など、様々なセールス、マーケティング、戦略のリーダーとしての役割を果たしました。Dan は、カリフォルニア大学のアーバイン国立研究所およびサンディア国立研究所で材料科学のポスドクをした後、Merck で医薬品研究開発の科学者としてキャリアをスタートしました。

ボウディン大学で化学と歴史学の学士号を取得し、エール大学で物理有機化学の博士号を取得しています。 

Dan Welch:グローバル事業担当シニアバイスプレジデント

Dan Welch は、2020 年にウォーターズコーポレーションのグローバル事業担当のシニアバイスプレジデントに就任しました。ウォーターズの世界範囲内の製造活動、サプライチェーン、施設、HSE、品質・規制の各部門の責任を担っています。Dan Welch は、ミルフォード製造事業のシニアディレクターとして 2012 年にウォーターズに入社しました。2017 年、まずは資材管理のシニアディレクターとして、次にグローバルサプライチェーン担当バイスプレジデントとして、サプライチェーン部門に異動し、流通、ロジスティクス、取引の計画および調達の責任を担いました。

ウォーターズ入社前は、Advanced Electron Beam の事業担当バイスプレジデントおよび Evergreen Solar の事業担当バイスプレジデントを務め、ベンチャー支援を受けた新興企業で 6 年間の経験を積みました。Dan のキャリアはインテル・コーポレーションから始まり、23 年間、先進工学および工学管理の職務を果たしました。

Dan はクラークソン大学で化学工学の学士号を取得しています。

トップに戻る トップに戻る