フッ素化フェニル固定相の選択性における利点についての検討

ライブラリ番号:
APNT134716396
Part Number:
720004485en
著者:
Mia Summers and Kenneth J. Fountain
カテゴリ:
Waters
コンテンツタイプ:
アプリケーション情報
コンテンツ種別:
アプリケーション情報
関連製品情報:
 
 
 
 
 

従来のC18官能基が理想的ではない分離においては、フッ素化フェニル固定相など異なる選択性のカラムをスクリーニングすることが適切です。本アプリケーションノートでは、幅広いサンプルを用いてACQUITY UPLC HSS PFPとACQUITY UPLC CSH Fluoro-Phenylのフッ素化フェニル固定相をC18およびフェニル固定相と比較を行いました。サンプルの特性とカラムケミストリーを関連付けることで、より理想的なカラム選択とより良い分離を早い段階で達成することができ、迅速でより効率的な分析法開発プロセスが実現します。


タイトル フォーマット ファイルサイズ
720004485ja PDF 2359.76kB