開発後期


開発後期

「分子の探求」に続いて、開発後期では医薬品化合物の厳格な特性解析を行います。

高分子治療薬の開発では、インタクトプロテイン、ぺプチド、グリカンの各レベルでの特性を十分に把握する必要があるため、複数のステージで特性解析を行う必要があります。

低分子医薬品の開発では、情報量が豊富で信頼性の高い分析法であることを見極めるため、堅牢な分析法開発プロセスが伴います。このプロセスには、強制劣化試験、不純物プロファイルから、安定性試験、投与経路の最適化、製剤開発までが含まれます。このようなプロセスを経て、最終製品の重要な品質特性が規定されます。

  • バイオ医薬品の特性解析 — 高度な特性解析用の UPLC/MS/MS および HDX/MS から、ルーチンのバイオセパレーション用 UPLC/UV まで、バイオ医薬品のニーズに合わせて構築したソリューションです。
  • 分析法開発 — UPLC の速度、感度、分解能を補完するために、クロマトグラフィーの選択肢を豊富に用意しました。さらに、業界トップクラスの処理機能とレポート作成機能を備え、規制遵守に対応した Empower ソフトウェア も組み込まれています。

 

ユーザーボイスビデオ
ウォーターズのソリューションをバイオ医薬品研究に導入したことで得られた 大きな効果に関するお客様の声 をご覧ください。

お問い合わせはこちら