確定的な薬物分析

LC-MS/MS による確定的な薬物分析

従来、法医学研究室における薬物試験は、イムノアッセイによるスクリーニングと、その後の GC-MS または LC-MS/MS による確認分析からなる 2 段階のプロセスを必要としていました。一部のアプリケーションにおいては、このプロセスによって多数の偽陽性が発生することがあり、さらに重要なのは、結果が陰性となってしまい薬物を見落とす場合がありました。例えば、ほとんどの市販のアヘンを混ぜた薬剤のイムノアッセイでは、フェンタニルやその類縁体を検出できませんでした。 LC-MS/MS 分析では、推定的なイムノアッセイが不要となり、時間とコストを節約し、サンプル中に存在するすべての重要な薬物を検出および定量することができます。

ACQUITY UPLC I-Class/Xevo TQ-S micro システムにより、法医学研究室における尿サンプルや唾液サンプルのルーチン薬物試験で扱う広範な薬物や代謝物の検出と定量を向上できます。本システムはダイナミックレンジが広いため、高濃度で存在する一般的な薬物に加え、微量の高薬理活性フェンタニル化合物も高い信頼性で検出できます。

見積もり依頼 Contact Sales
  • 概要
  • アプリケーションノート
`