新規材料・物質の研究開発における分析・ソリューション

  • 加速劣化試験および劣化機構解析
    新規材料・物質の安定性評価・性能変動などの試験では、その変動要因の解析が求められます。劣化試料中の不純物の構造解析は、主成分の分解、重合などの劣化プロセスを解明し、有効な安定化添加剤の選定基準となります。劣化前後の比較分析には、MarkarLynxによる多変量解析(OPLSモデル)が有効です。多くの成分情報の中から差異成分を容易に特定し、抽出することが可能です。
  • 品質要因解析
    品質トラブル・歩留り改善検討では、品質に影響を与えている不純物・混入物の特定および構造解析が必要とされます。品質に影響を与えている要因の数および、傾向を知るのには、Progenesis QIによる多変量解析(PCAモデル)が有効です。群分けすることで、品質に影響を与えている要因数を特定することができます。さらに、群ごとの比較をするには、多変量解析のモデルをOPLSに変更し、要因成分を特定します。
  • 構造推定
    劣化機構解析における差異成分、品質要因解析における要因成分の構造推定には、Xevo G2-XS Tof によるMS/MS測定および、SYNAPT G2-Si によるMS/IMS/MS測定が有効です。推定構造の検証には、フラグメントイオンへの構造帰属をシミュレートするMassFragmentソフトウェアが最適です。

 > LC/MS 適用サンプル : UPLC/Xevo G2-XS Tof
 > LC/MS 適用サンプル : UPLC/SYNAPT G2-Si
 > MassFragment


`

お問い合わせはこちら

見積もり依頼

企業情報