ペプチド分析用逆相カラム

逆相クロマトグラフィー

TFAやギ酸などのイオンペア試薬を用いた逆相クロマトグラフィーでは、アミノ酸が1つ異なるシークエンスの複雑なペプチド混合物(タンパク質のトリプシン消化物や長いシークエンスの合成ペプチドなど)の高分離が得られます。一般的に、ペプチドの疎水性により溶出順序が決まり、最も疎水性の低いペプチドが最初に溶出します。

パーティクルの組成(シリカ vs ハイブリッド)、ポアサイズ (130Å vs 300Å)、官能基密度や分離条件(グラジエント条件、分離温度、流速など)は、アプリケーションの要求を満たす分離を得るために全て重要な役割を果たします。

他のバイオセパレーションと同様に、この厳しいアプリケーションに対して、HPLCベースのカラムを用いた分析と比べて、小さい粒子径を用いるUPLC/UHPLCはより短い時間で卓越した分離を提供します。

見積もり依頼
  • 概要
  • 関連製品情報
  • 商品
  • 製品カタログ
  • アプリケーションノート
  • サービス&サポート情報検索

お問い合わせはこちら

見積もり依頼

企業情報

Wondering which peptide column chemistry is right for you?

Don't debate it any more. Let BEH, CSH and HSS debate it for you.
Watch these opposing arguments!

ペプチド分離アプリケーションノート集

ペプチド分析用 LC & LC-MS アプリケーション
今すぐダウンロード

ペプチド分析をお考えの
皆様へ

ウォーターズの逆相カラムソリューションをご覧ください
今すぐ始める