MS フォーラム - Mass Detection

Dates / Locations:
We are sorry, there are no scheduled event dates. Please Contact Waters Online for help.
  • Overview
Language: 日本語

◎ご参加のお申し込み方法
上記「開催日/開催地」からご希望の日にちを選択しお進みください。
「開催日/開催地」を選択されませんとお申し込みを進めることができません。

ページが切り替わりましたら、「お申込みはこちら」をクリックしてお手続きを進めてください。

◎セミナーのお申し込みには、ウォーターズウェブサイトへのログインまたは新規登録が必要です。
新規登録後、「ウェブサイト登録完了メール」が届きますと、ログインしてセミナーへのお申し込みが可能になります。


日時
大阪会場:10月5日(木)
東京会場:10月11日(水)

各会場とも10:00-17:00(情報交換会は18:30まで)

定員
大阪 180名
東京 280名

参加費
無料

受付終了
開催日前日の12:00まで
(定員に達し次第締切とさせていただく場合もございますので、お早めにお申し込みください。) 

 

プログラム

Mass Detection セッション

対象:業務効率化をマネージメントに携わる方、クロマトグラファー、合成、原薬、ペプチド、分析法開発、食品、スクリーニングなどの分析に携わる方

 

業務効率化に役立つMass Detectionの活用事例紹介

10:00 - 11:50

共通セッション

-- 革新的治療薬における質量分析の役割 --

革新的アカデミア創薬支援とエピトランスクリプトミクス解析による創薬展開
[ 大阪大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 細胞生理学分野 辻川 和丈 様 ]

-- High Definition MS (HDMS)  --

HDMS を活用した多次元型網羅的メタボロミクス解析基盤技術開発と
ヒトがん組織検体を用いたバイオマーカー候補分子の精密同定
[ 東北大学 東北メディカル・メガバンク機構/大学院医学系研究科、AMED-CREST 三枝 大輔 様 ]

11:50 - 13:10

休憩
(昼食は弊社でご用意いたします。会場へ飲食のお持込はご遠慮いただいております。
不要な方は近隣の飲食店等をご利用いただければ幸いです。)

午後からは各セッションごとの内容となります。こちらは「Mass Detection セッション」となります。

13:10 - 13:50

Mass Detector が生み出す業務効率とその応用分野
[ 日本ウォーターズ株式会社 ]
質量分析のPower を活用する機関はこの数年で明らかに増えています。その大きな要因と
なっているのが、新たな質量分析カテゴリー「Mass Detector(MS 検出器)」です。
そのMS 検出器「QDa」による業務の効率化や応用事例についてご紹介します。

13:50 - 14:30

大阪会場:10月5日(木)

QDa 検出器の活用事例紹介
[ 大日本住友製薬株式会社 小西 康子 様 ]
QDa 検出器はEmpower で制御ができ、簡便な操作で使用できるMS 検出器である。
H-Class の機能を活用したHPLC 試験法開発、UV の無い化合物に対する定量法への
適用など、当社における本装置の活用事例を紹介する。

東京会場:10月11日(水)

MS 検出器QDaの挑戦的活用
[ スペラファーマ株式会社 茂森 一輝 様 ]
当社において、不純物の構造解析や遺伝毒性懸念物質の高感度分析等に質量分析装置を
汎用している。定量用および定性用、いずれの質量分析装置も所有している中で、今回、
簡便なMS 検出器であるQDa の挑戦的な活用について報告する。

14:30 - 15:10

MS-triggered AutoPurification System を用いた合成ペプチド精製の効率化の試み
[ ペプチドリーム株式会社 長島 忠道 様 ]
ペプチドリームバイオロジーチームによりヒット化合物候補である数多くのペプチド配列が見い出され、
それらのケミカル合成がケミストリーチームにリクエストされる。自動合成機により得られるクルードの
ペプチドの精製の効率化を目指したMSトリガーAutoPurification System の最近の
使用例を紹介する。

15:10 - 15:30 休憩

15:30 - 16:10

 

質量分析の下痢性貝毒検査への応用
[ 一般財団法人 日本食品検査 橘田 規 様 ]
二枚貝は毒素を産生する能力をもつ渦鞭毛藻を捕食すると体内にその毒素を蓄積する。そのため、
二枚貝の生産海域では貝毒の発生状況を監視し、二枚貝及びその加工品の輸出入時には貝毒検査
が行われている。今回は、質量分析(LC/MS、LC/MS/MS)を貝毒の一種である
下痢性貝毒の検査に応用した事例を紹介する。

16:10 - 16:50

LC/MS を用いた創薬初期段階における化合物純度の効率化について
[ Axcelead Drug Discovery Partners 株式会社 白井 由紀 様 ]
創薬初期段階では数多くの候補化合物に対し、純度を測定する必要がある。保持不良・
ピーク形状不良・分子量由来のMS値が確認できない化合物に対して自動的に別条件で分析を
行うツールの開発と、分子量確認に掛かる工数を削減できる解析手法の確立により、
UPLC-PDA-CoronaCAD-QDa システムを用いた効率的な純度測定法を
構築したので紹介する。

16:50 - 17:00 閉会のご挨拶
17:00 - 18:30 情報交換会

※ プログラムが変更される場合もございます。

MS フォーラム セッション選択ページへ

 

◎「お申込みはこちら」をクリックして先にお進みください。こちらは【Mass Detection セッション】でのお申し込みになります。

 

セミナーについてのお問い合わせ  お問い合わせの種類「イベント/教育コースに関するご質問」をご選択ください。

 

◎セミナーのお申し込みには、ウォーターズウェブサイトへのログインまたは新規登録が必要です。
新規登録後、「ウェブサイト登録完了メール」が届きますと、ログインしてセミナーへのお申し込みが可能になります。