ウォーターズが「アンドリュー・アライアンス」を買収

次世代自動化テクノロジーによりポートフォリオが拡充

速報 (For Immediate Release)

マサチューセッツ州ミルフォード - January 13, 2020

ウォーターズコーポレーション(NYSE:WAT)は本日、ソフトウェアおよびロボットを含むラボ自動化技術のイノベーターであるアンドリュー・アライアンス社を買収し正式契約を締結したことを発表しました。 アンドリュー・アライアンスのクラウドネイティブなソフトウェアプラットフォームと最新のインターフェースにより、自動化テクノロジーの使用が劇的に改善され、より多くの科学者が、ルーチンと複雑なラボワークフロー両方においてその再現性と性能の利点を実感できます。

「アンドリュー・アライアンスの買収により、テクノロジーポートフォリオが拡充し、医薬品、ライフサイエンス、化学工業市場全体のお客様のワークフローにプラスの影響を与える高度なロボット工学とソフトウェアが含まれるようになりました。これは、当社の専門戦略を強化し、コアビジネスを強化する成長志向の買収に資本を展開するというウォーターズのコミットメントも示しています。」とウォーターズコーポレーションの会長兼 CEO Chris O’Connell はコメントしています。

アンドリュー・アライアンスには、スイス、フランス、米国に約40人の従業員がいます。

アンドリュー・アライアンスの最高経営責任者である Piero Zucchelli は、次のようにコメントしています。 「私たちは、コネクテッドラボのビジョンを実現する適切なパートナーを見つけました。 ウォーターズの機器とコンシューマブルの組み合わせは、質量分析をますます多くのユーザーが手にするようになるにつれて、革新的なソフトウェアおよびハードウェアテクノロジーの顧客への提供を加速するのに役立ちます。」

 

アンドリュー・アライアンスについて
アンドリュー・アライアンスは、感覚的で使いやすいリキッドハンドリング用ロボットやクラウドネイティブソフトウェアなどの自動化技術を研究者に提供することにより、科学の進歩に専念しています。 アンドリュー・アライアンスは、実験室のオペレーションとワークフローの再現性、パフォーマンス、速度を劇的に改善することを目指しています。 この顧客中心のアプローチとフラッグシップロボットであるAndrew +は、2013年以来、数多くの賞を獲得しており、ヒューマンエラーを排除し、より優れたデータ分析のための時間を確保することで、世界中の数百の製薬、診断、および学術研究所に変革をもたらしています。 CO2 ニュートラル 認定企業であるアンドリュー・アライアンスは、Geneva、Boston、および Paris に拠点を置いています。

 

ウォーターズコーポレーションについて (www.waters.com)
ウォーターズコーポレーション (NYSE:WAT) は、分析機器を専門とした世界をリードする会社であり、60年以上にわたりライフサイエンス、材料科学、および食品科学に役立つクロマトグラフィー、質量分析、および熱分析のイノベーションを開拓し続けています。世界中で約7,200名の従業員を擁するウォーターズは、15の製造施設を含め35カ国に支社を構え、100を超える国々で製品を販売しています。

###

この記事に関するお問い合わせ先

日本ウォーターズ株式会社
TEL :03-3471-7982
FAX :03-3471-7215