ウォーターズ、食品および飲料水の安全性におけるグローバルな課題に向けて、研究センターを新設

産学官の研究機関によるコラボレーション

シンガポール - September 13, 2018

ウォーターズコーポレーション(NYSE:WAT)は本日、シンガポールにおいて、食品および飲料水の安全性に関する課題に取り組む新しい研究センター、国際食品・飲料水研究センター(International Food and Water Research Centre、IFWRC)の除幕式を開催しました。科学顧問委員会がリードする IFWRC は、食品の真正性、食品偽装の発見、水質汚染の研究、食品品質の向上および新しい食品材料や処方の研究などの領域において、世界中での科学者を支援します。科学顧問委員会は、研究機関または分野の先導者たちと共に、世界中の有意義で革新的なプロジェクトを見出します。

世界の人口が増加している中で、安全で健康的な食糧および水の十分な供給を確保することがますます重要となっています。しかし全世界において人々は、環境汚染、粗悪な食品、アクセス問題といった新たな課題に直面し、人々の未来がリスクに晒されています。解決策を見出すためには、食品および飲料水の分野における一流の科学者を集め、コラボレーションできる環境を整えることが重要です。

「過去数十年において、シンガポールは世界中に広い影響を及ぼすような、食品および飲料水研究の主要な研究拠点として成長してきました。この国は、重要な研究を成し遂げてきた科学者たちの所属する、歴史あるアカデミックな研究室を長きにわたり保有してきました。」と、ウォーターズの Global Markets 担当 Senior Vice President である Mike Harrington は述べています。「そのような背景に基づき、シンガポールにおけるウォーターズの誇りある歴史と共に、食品および飲料水の品質の大幅な向上を目標とした、産学官連携のモデルとなる IFWRC を設立することに、私たちは興奮しています。」

「イノベーションが導く経済を持つシンガポールは、産業のための新たな差別化戦略の確立を加速させる、堅実なパートナーシップを重視します。シンガポールのアカデミックな雰囲気の中で成り立つユニークな連携モデル IFWRC は、食品および飲料水の分野における地域および世界の研究者を統括し、世界にインパクトを与える革新的なソリューションを共に創り上げ、実施します。」と、シンガポール経済開発庁の Assistant Managing Director である Thien Kwee Eng は話しています。

研究者は、ウォーターズの最先端の分析機器を取り揃えた、IFWRC の最先端設備にアクセスできます。さらに研究室には、プロジェクトオーナーと密接に協力し合いながら、プロジェクトを推進する科学者および研究者らを配置します。

ウォーターズコーポレーションについて (www.waters.com)
ウォーターズコーポレーション (NYSE:WAT) は、分析機器を専門とした世界をリードする会社であり、60年近くにわたりライフサイエンス、材料科学、および食品科学に役立つクロマトグラフィー、質量分析、および熱分析のイノベーションを開拓し続けています。世界中で約7,000名の従業員を擁するウォーターズは、15の製造施設を含め31カ国に支社を構え、100を超える国々で製品を販売しています。

###

この記事に関するお問い合わせ先

日本ウォーターズ株式会社
TEL :03-3471-7982
FAX :03-3471-7215