文献ライブラリ


概要
Waters Peptide Separation Technology~ペプチド分析カラム~
ライブラリ番号: APNT134950593 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 646.09 kB | 年: 2017 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

Peptide HSS T3カラムがPeptide Separation Technology カラムシリーズに加わりました。より柔軟なペプチド分析カラム選択が可能になります。

UPC2/MS による不純物プロファイリング
ライブラリ番号: APNT134722956 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 1640.2 kB | 年: 2013 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

UPC2/MS を使用することで医薬品の品質に関する知見が増大し、分析目的の実現までの手順が改善しました。

LC/MSを用いた遺伝毒性不純物の定量分析
ライブラリ番号: APNT134890444 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 518.18 kB | 年: 2016 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

遺伝毒性不純物の定量分析にLC/MSを活用するメリットについて紹介しています。

USER REPORT -お客様事例(高知大学総合研究センター様)ACQUITY QDa MS 検出器による核酸の分析
ライブラリ番号: APNT134890458 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 782.29 kB | 年: 2016 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

核酸の分析にACQUITY QDa検出器を導入することにより、どのように研究効率があがったかについてお伺いしました。

LC/MSを用いた洗浄バリデーション
ライブラリ番号: APNT134890441 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 476.15 kB | 年: 2016 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

洗浄バリデーションにLC/MSを使用するメリットについて紹介しています。

バイオ医薬品分野ソリューションガイド
ライブラリ番号: APNT134871218 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 8921.6 kB | 年: 2015 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

多くのお客様にご活用いただいているタンパク質性医薬品向けの特性解析ソリューションをご紹介します。

新生児代謝異常スクリーニングにおける検体測定の効率化
ライブラリ番号: APNT134845031 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 732.81 kB | 年: 2015 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

新生児代謝異常スクリーニングにおける検体測定の効率化について。アミノ酸およびアシルカルニチン分析と先天性副腎価形成症分析といった対象成分の極性が異なる、それぞれの分析を2次元UPLCと四重極型質量分析計を組み合わせたシステムを用いて、検体毎の結果をより迅速に取得する手法についてご紹介します。

ionKey/MS システムを用いたクロマトグラフィーの再現性
ライブラリ番号: APNT134786610 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 1119.15 kB | 年: 2014 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

タンパク沈殿除去済みのラット血漿を用いた堅牢性の試験において、複数個体のiKey に注入したペプチド標準溶液のクロマトグラフィーでの保持時間再現性が、非常に優れたものであることが確認されました。

Alliance HPLC システムのサンプル注入における信頼性と頑健性
ライブラリ番号: APNT134725845 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 1941.4 kB | 年: 2013 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

フロースルーニードル注入機構を採用したAlliance HPLC システムは、幅広い注入量範囲と最大限のサンプル回収率、正確/ 精密で直線性高い注入精度が得られます。

Alliance HPLC を用いたUSP法に準拠したモメタゾン軟膏分析の性能評価
ライブラリ番号: APNT134725812 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 1288.87 kB | 年: 2012 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

USPメソッドに準拠したモメタゾン分析を通じて、Allianceシステムの頑健性を紹介します。

ファモチジン錠のHPLCからUPLCへのJP分析法移管
ライブラリ番号: APNT134729618 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 2441.55 kB | 年: 2013 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

UPLC システムを用いてファモチジンのJP分析法をスループットの向上をもたらす粒子径2.5 μmのカラムと、更に究極のスループットを実現する粒子径1.7 μmのカラムを用いた分析法へ移管した例をご紹介します。また、粒子径1.7 μmのカラムでは、品質管理ラボにおける分析法の実現性の点からルーチン使用(連続2000 回以上の実サンプルの注入)検証もあわせて実施しました。

フッ素化フェニル固定相の選択性における利点についての検討
ライブラリ番号: APNT134716396 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 2359.76 kB | 年: 2012 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

従来のC18官能基が理想的ではない分離においては、フッ素化フェニル固定相など異なる選択性のカラムをスクリーニングすることが適切です。本アプリケーションノートでは、幅広いサンプルを用いてACQUITY UPLC HSS PFPとACQUITY UPLC CSH Fluoro-Phenylのフッ素化フェニル固定相をC18およびフェニル固定相と比較を行いました。サンプルの特性とカラムケミストリーを関連付けることで、より理想的なカラム選択とより良い分離を早い段階で達成することができ、迅速でより効率的な分析法開発プ...

High Sensitivity Metabolite Screening with ionKey/MS Using Post-Column Addition
ライブラリ番号: APNT134873904 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 2025.58 kB | 年: 2015 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

Analysis of ibuprofen metabolites in urine as an example to illustrate the enhanced sensitivity obtained by using post-column addition of isopropanol.

Advancing Host Cell Protein Analyses through the Combined Use of Microscale 2D RP/RP with CSH C18 an...
ライブラリ番号: APNT134800694 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 2703.89 kB | 年: 2014 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

Here, recent advances in microscale peptide chromatography are applied to HCP analysis.

Video - Managing Selectivity of Hydrophobic and Hydrophilic Compounds with HILIC and RP-LC
ライブラリ番号: APNT134790639 | フォーマット: ウェブページ | ファイルサイズ: - | 年: 2014 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

Dr. Tom Wheat discusses how to use both reversed-phase LC and HILIC modes on the ACQUITY UPLC H-Class System. He also addresses how the ACQUITY QDA Detector enables use of both UV and mass to monitor components with different responses.

Video - Using Small Modifications of pH in Chromatographic Methods Development
ライブラリ番号: APNT134790676 | フォーマット: ウェブページ | ファイルサイズ: - | 年: 2013 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

In this video, Paula Hong discusses ways to make the development of chromatographic separations more effective and more efficient by using pH and AutoBlend Plus.

Chiral Separation of Phenylalanine Methyl Esters using UPC2
ライブラリ番号: APNT134722139 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 126.89 kB | 年: 2013 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

A UPC2 method was developed for the chiral separation of D- and L-phenylalanine methyl esters. The method provides better resolution and 5X the throughput of normal phase HPLC, allowing for high throughput analysis.

Analysis of Tricyclic Antidepressants in Human Urine Using Convergence Chromatography (UPC2)
ライブラリ番号: APNT134721963 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 1657.97 kB | 年: 2013 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

Charaterized by the use of an environmentally sustainable, renewable primary solvent (CO2), orthogonality to reversed phase chromatography, and availability of diverse stationary phases, UPC2 provides the benefits of reduced solvent consumption and cost, ...

Performance Verification of the USP Mometasone Furoate Ointment Method Using the Alliance HPLC Syste...
ライブラリ番号: APNT134721558 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 886.22 kB | 年: 2013 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

This technology brief demonstrates successful performance of the USP method for mometasone furoate ointment using a robust and reliable instrument with a repeatable solvent delivery designed for analytical QC methods.

Reliable and Robust Sample Injection with the Alliance HPLC System
ライブラリ番号: APNT134721568 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 1530.1 kB | 年: 2013 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

This technology brief demonstrates that the Alliance® HPLC System delivers linear and highly repeatable sample injections across the range of analytical HPLC injection volumes.

Chiral Separation of Clenbuterol Using UPC2
ライブラリ番号: APNT134720442 | フォーマット: PDF | ファイルサイズ: 196.89 kB | 年: 2012 | コンテンツタイプ: アプリケーション情報

Using UPC2 with smaller particle columns, a rapid method for chiral analysis of clenbuterol was developed. The analysis was completed in less than three minutes, allowing for high throughput analysis. The method was also reproducible over several injectio...