タンパク質の構造分析

イオンモビリティー質量分析で明確に区別

ウォーターズは、イオンモビリティー質量分析 (IM MS) と飛行時間型質量分析計 (Tof MS) を組み合わせることにより、ペプチド、タンパク質、タンパク質複合体の構造分析に革命を起こしました。ウォーターズの SYNAPT 質量分析計は、タンパク質複合体の全体のサイズ、形状、サブユニット構造の特定において、重要で飛躍的な進歩をもたらしました。また翻訳後修飾研究については、SYNAPT G2-Si にも独自の ETD が搭載されています。ETD は Triwave デバイスのトラップ領域で行われ、さらにCID によって選択的かつ補助的にイオンを活性化することもできます。つまりウォーターズのオミクス探索プラットホームで、タンパク質の一次構造および三次構造の特性解析に幅広く対応可能です。

見積もり依頼
  • 概要
  • 関連製品情報
  • 製品カタログ
  • アプリケーションノート
`