タンパク質用イオン交換カラム

イオン交換クロマトグラフィー

IEX 分離は、塩濃度を上昇させるグラジエント、pH を変化させるグラジエント、または塩濃度を上昇させると同時に pH を変化させるグラジエントを用いて行われるのが一般的で、電荷の低いタンパク質種が電荷の高い分子より早く溶出されます。分離では、タンパク質の種類と分離 pH に基づいて、陰イオン交換体または陽イオン交換体を選択します。また、グラジエント時間、バッファーの組成および pH、流量、ならびに分離温度はすべて、目的のタンパク質分離を達成するために重要な役割を果たします。

今すぐ注文する
  • 概要
  • 関連製品情報
  • 商品
  • 製品カタログ
  • アプリケーションノート
  • サービス&サポート情報検索
`