ペプチド分析用SECカラム

サイズ排除クロマトグラフィー

ゲルろ過としても知られる、サイズ排除クロマトグラフィーは、絶対分子量ではなく溶液中でのサイズ(ストークス半径)に基づいて分離し、大きいペプチドが小さいペプチドの前に溶出します。このアイソクラティックに基づく技術の主な推進メカニズムは、充塡カラムに用いられるSECパーティクルのポアサイズとポアボリュームです。対象となるペプチドの分子量が大きくなるに従って、比較的ポアサイズの大きいパーティクルを充塡したSECカラムが選択されます。

他のバイオセパレーションカラム同様、小さい粒子径のパーティクルを用いることで、UPLC/UHPLCカラムでは、この要求の高いアプリケーションに対し、短時間で高分離を達成できます。

見積もり依頼
  • 概要
  • 製品カタログ
  • 商品
  • アプリケーションノート
  • サービス&サポート情報検索
`

お問い合わせはこちら

見積もり依頼

企業情報

サイズ排除クロマトグラフィー(SEC) 最適化 サイズ排除クロマトグラフィー(SEC) 最適化ガイド

タンパク質の堅牢なUPLC ベースのSEC 分離と最大限のカラム寿命を実現するために重要な、装置、メソッド、カラムの使用方法を詳しく説明します。
ダウンロード