オリゴヌクレオチド分離

Oligonucleotide Separation Technology カラムおよびGen-Pak™ FAX カラムは、一本鎖DNA、RNA、”ハイブリッド”合成オリゴヌクレオチドを効率よく分取および分析できます。さらに、Oasis® HLB 固相抽出 (SPE) カートリッジおよびプレートはMALDI-TOF/MSやLC/MS 分析前のサンプル脱塩に最適です。


DNA/RNA オリゴヌクレオチドの分離 ウォーターズのオリゴヌクレオチドカラムには C18 基を修飾した第二世代ハイブリッドシリカの BEH テクノロジー粒子が使用されています。
オリゴヌクレオチドスタンダード 調製済みMassPREP™ Oligonucleotide Separation Technology (OST)スタンダードはHPLC/UPLCシステムの検証と合成オリゴヌクレオチド分析時のカラム性能確認にご使用いただけます。
Gen-Pak FAX カラム Gen-Pak FAXカラムはDEAEを結合した非多孔性ポリマーベースの弱陰イオン交換カラムです。高分離な核酸の陰イオン交換HPLC分析を可能にします。2.5μm粒子で分析やマイクロ分取に適しています。
Oasis サンプル前処理製品 Oasis サンプル前処理製品では、最高レベルの感度、選択性、そして回収率を達成するために頑健で高感度な固相抽出 (SPE) メソッドをご利用いただけます。
`

お問い合わせはこちら

企業情報