ナノスケールからマイクロスケールまでのUPLC

ナノフローおよびマイクロフローベースの液体クロマトグラフィー (UPLC) 技術は、低流速で2 μm 未満の粒子が充塡された内径の小さなカラムを使用することによって、定量および定性分析により高い感度およびクロマトグラフィー分離能をもたらします。


2D テクノロジー搭載 ACQUITY UPLC M-Class システム 2D テクノロジーでは、タンパク質の同定、定量、配列カバー率の向上を目的として、一次元目で pH 10の逆相クロマトグラフィー、二次元目で pH 2の逆相クロマトグラフィーを使用します。
ACQUITY UPLC M-Class システム - nano(ナノ)LC ACQUITY UPLC M-Class システム - nano(ナノ)LCについて。ナノスケールからマイクロスケールまで信頼性の高い UPLC 分離により、すべての研究室における LC/MS 測定に、より高い感度を提供します。
HDX テクノロジー搭載 ACQUITY UPLC M-Class システム 水素-重水素交換 (HDX) テクノロジー搭載の ACQUITY UPLC M-Class システムと高分解能質量分析計を組み合わせて使用すると、HDX サンプル分析の温度に影響されやすい部分を厳密に制御することにより、タンパク質の高次構造変化を高い信頼性で同定できます。
ionKey/MS(イオンキー/MS) ionKey/MS(イオンキー/MS)について。ionKey/MS は UPLC分離部を質量分析計のイオン源と一体化したことで、他の MS システムでは達成できないレベルの高感度、クロマトグラフィ性能、堅牢性、操作性を実現しました。
`