高分子バイオ医薬品のためのHILIC

代替となる高分離テクノロジー

親水性相互作用クロマトグラフィー (HILIC) は低分子極性化合物に広く使用されてきましたが、その高分子バイオ医薬品への適用は、遊離糖鎖を除いて驚くほど限られていました。ワイドポアのWaters ACQUITY UPLC Glycoprotein BEH Amide 300 Å 1.7μm カラムと分離メソッドへのその新たなアイデアにより、インタクトタンパク質(グリコシル化の有無)、タンパク質フラグメント、複雑な遊離糖鎖から以前は得られなかった情報をHILIC により得ることが可能となりました。

  • 概要
  • 関連製品情報
  • 商品
  • 製品カタログ
  • アプリケーションノート
  • サービス&サポート情報検索
`

お問い合わせはこちら

企業情報