エラストマー分析

エラストマー (天然および合成) の分子量分布の決定は、物性と関連付けるために使われる非常に重要な分析技術です。エラストマー構造は、さまざまなポリマーが使用されていることに加えて、抗酸化剤、可塑剤、加硫剤、促進剤、およびさまざまなフィラー (カーボンブラック、二酸化チタン、シリカなど) が添加されているため、非常に複雑です。全組成のうち、エラストマーは 50% (あるいはそれ以下) に過ぎない場合もあります。このような組成は、自動車産業や航空宇宙産業においてタイヤから Oリングシールまであらゆるものに広く使用されています。GPC 分析では必ず最初にシステムを較正する必要があります。このため、キャリブラントとしてポリブタジエンの単分散標準試料を用いた 3 次多項式フィッティングによる較正曲線を示します。

ポリイソプレンの単分散標準試料も使用できます。この場合も、カラムバンクとして HR 5E カラム 2 本と HR2 カラム 1 本を使い、カラム温度は75°C に保ちました。エラストマーの場合、通常は溶媒としてトルエンを選択します。多くの場合に THF が使われますが、天然ゴム (シス - 1,4 ポリイソプレン) などの一部のエラストマーの溶解にはトルエンの方が優れている傾向があります。Alliance システムで dRI 検出器を使用しました。ポリブタジエンは我々が分析するエラストマーの大部分と構造が似ているため、ポリブタジエンの単分散標準試料を選択しました。複数の分析結果の分布を重ね合わせて示してあります。アプリケーションの再現性が優れていることをご確認ください。



以下に、これ以外のエラストマーアプリケーションをいくつか示します。





< 前へ 次へ >

`

お問い合わせはこちら

企業情報