Peptide Separation Technology カラム - ペプチド分析

ペプチド分析&ラボスケール分取精製

プロテオミクスの研究においても、ペプチドマッピングによるバイオ医薬品の特性解析においても、再現性の良い高品質のペプチド分離ができることは非常に重要です。ウォーターズのエチレン架橋型ハイブリッド (BEH) と表面チャージハイブリッド (Charged Surface Hybrid: CSH) テクノロジーを採用したPeptide Separation Technology カラムは、安定した再現性の高いペプチド分離を提供します。分析およびラボスケール分取精製に向けて、幅広い粒子径、ポアサイズ、カラムサイズをラインアップしています。ウォーターズのPeptide Separation Technology カラムは、高分離を実現する幅の狭い左右対称なピークを提供し、幅広いペプチド(高分子&低分子、酸性&塩基性、疎水性&親水性)を良好に分離します。

見積もり依頼


ペプチド分析用SECカラム ゲルろ過としても知られる、サイズ排除クロマトグラフィーは、絶対分子量ではなく溶液中でのサイズ(ストークス半径)に基づいて分離し、大きいペプチドが小さいペプチドの前に溶出します。
ペプチド分析用イオン交換カラム イオン交換クロマトグラフィーでは電荷の違いに基づいてペプチドを分離することができ、より伝統的に使用される逆相クロマトグラフィーに対して異なる/直交する分離メカニズムが望まれる場合に使用されます。
ペプチド分析用逆相カラム TFA やギ酸などのイオンペア試薬を使用した逆相クロマトグラフィーは、たった一つのアミノ酸の配列が異なるような複雑なペプチド混合物について高度な分離を実現できます。
`

お問い合わせはこちら

見積もり依頼

企業情報

ペプチド分析をお考えの
皆様へ

ウォーターズの逆相カラムソリューションをご覧ください
今すぐ始める

ペプチド分離アプリケーションノート集

ペプチド分析用 LC & LC-MS アプリケーション
今すぐダウンロード

バイオセパレーション&分析カタログ NEW バイオセパレーション&分析カタログ

バイオセパレーション分野向け HPLC, UHPLC, UPLC 化学製品消耗品
今すぐダウンロード