GPC の室温アプリケーション

有機溶媒可溶性ポリマーを対象とした GPC の室温アプリケーションはすべて Alliance システムで実施しました。ほとんどの分析で Styragel HR カラムを使いました。Alliance システムのソルベントマネージャの独自のデザインにより、流速精度は 0.075% を上回り、フローにはほとんどパルスが発生しません。ポンプからパルスが発生するとカラムの微粒子が緩み、クロマトグラムにスパイクが現れる原因となるため、フローにパルスがないことは光散乱検出を行う場合に非常に重要です。

< 前へ 次へ >
`

お問い合わせはこちら

企業情報