新しいイオン化法

標準品やきれいなサンプルを、ロッドまたは ソリッドプローブ の先端に付着させて、イオン源へ導入することができます。サンプルは、熱により昇華または気化します。多くの場合、以下のようにイオン化が進みますが、昇華や気化と同時にイオン化が起こる場合もあります。

  • 大気圧光イオン化 (APPI)
    • 10eV未満(クリプトンランプによる光子エネルギー出力)のイオン化電位を用いて、サンプルを直接またはドーパントを添加してイオン化する、光イオン化法です。LCで一般に使用される溶媒のイオン化電位は10eV以上です。APPIは、ESIまたはAPCIよりも極性の低い物質をイオン化することができるので、ラボにおける新しく主要なAPI法の1つとなっています。
  • マトリックス支援レーザ脱離イオン化 (MALDI)
    • インタクトタンパク質、ペプチドおよび多くの生体高分子(オリゴヌクレオチド、炭化水素、天然物および脂質)、そして不均一な試料の分析(タンパク分解物のような複雑な生体試料の分析)に適した、ソフトなイオン化法です。
    • 高いエネルギーを持った光子が、有機マトリックスと混合されたサンプルと相互に作用することで、ピコモル以下の感度を得ることができます。
    • 1988年に田中氏、Karas氏 および Hillenkamp氏 によって、初めて発表されました。
  • 高速原子衝突 (FAB)
    •  グリセロールなどのマトリックスと混合したサンプルに、セシウムイオンを「衝突」させる、初期のソフトなイオン化法です。
  • 脱離
    • プラズマ脱離 : 核分裂フラグメントが、金属ホイル上の固体試料と相互作用します。
    • 二次イオン質量分析 (SIMS) : 加速されたイオンが、金属板上のサンプルまたは液体マトリックス中の薄膜状のサンプルと相互に作用します。
    • 電界脱離(FD) : サンプルが塗布された電極に、高電場を与えます。
    • 脱離 ESI (DESI) : DART (direct analysis real time)、ASAP (atmospheric solids analysis probe)、 その他の関連する最近の手法では、いずれも表面上の相互作用によって二次イオンを生成します。 DESIは、エネルギーを与えられた液体を平面にあるサンプルにスプレーし、その結果大気圧で二次イオンを生成します。

 

MS - The Practical Art LCGC をご参照ください

    • 初期の技術について : Desorption and Thermal Desorption Techniques, Vol. 25, No. 10 December 2007
      • 実際に使用する上での評価をし、DESI、DART および 
        ASAP といった技術について比較しながら解説しています。

    • Alternatives in the Face of Chemical Diversity, Vol. 25, No. 4, April 2007
      • 大気圧で使用するために設計された最近のシステムに、GC
        その他の一般的でない技術を適用することの展望について述べています。 

  • Ionization Revisited, Vol. 24, No. 12, December 2006
    • 今日用いられている主なイオン化技術の概論を、参考文献と共に記述したもの。

その他の参考文献:

  • Balogh, M.P., The Commercialization of LC-MS During 1987-1997: A Review of Ten Successful Years, LC/GC, Vol. 16 no 2 135-144, February 1998.

  • Van Berkel, G.J., Pasilis, S. P., Ovchinnikova, O., Established and emerging atmospheric pressure surface sampling/ionization techniques for mass spectrometry, Journal of Mass Spectrometry, Vol. 43, no. 9, 1161-1180 2008

  • Knox, J.H., Practical Aspects of LC Theory, Journal of Chromatographic Science, 15, (1977) 357
< 戻る 次へ >
`