UNIFIバイオ医薬品システム対応ソリューション

抗体薬物複合体(ADC)の分析

細胞・遺伝子治療

オリゴヌクレオチド分析

Biophysical Characterization of Macromolecules

水素-重水素交換質量分析(HDX MS)

アミノ酸分析- 加水分解・遊離 アミノ酸

バイオシミラー分析

Glycan Profiling Solutions - 抗体・糖鎖分析

宿主細胞由来タンパク質(HCP) - バイオ医薬品の不純物分析

インタクトプロテイン分析 - バイオ医薬品・タンパク質分析

Intact Protein Analysis Solutions

ペプチドマッピング・分析

バイオ医薬品分析に特化した LC-MS

Streamlined, Compliance-Ready Biopharmaceutical Workflows

合成ペプチド分析

バイオ医薬品におけるペプチドと糖鎖モニタリングのためのACQUITY QDa

バイオ医薬品開発における新たなソリューションと分析技術

ウォーターズのUPLCおよびUPLC/MS特性解析テクノロジーを利用したバイオ医薬品開発による、新たなソリューションと特性解析を支援する高度なアプリケーションを以下にご紹介します。


Auto・Blend Plus Auto•Blend 機能によって、100%溶媒または濃縮原液から移動相が自動的に調製されます。Auto•Blend Plus は、この機能に加え、 pH と塩濃度の調製も可能です。
電子移動解離(ETD) MS 電子移動解離(ETD)は、MS/MS測定におけるフラグメンテーション手法です。ETD では電子を陽イオン(ペプチドやタンパク質)にシフトさせることによって、特定のフラグメンテーションを誘発します。
宿主細胞由来タンパク質(HCP) - バイオ医薬品の不純物分析 宿主細胞由来タンパク質(HCP) - バイオ医薬品の不純物分析について。ウォーターズの 2D-UPLC テクノロジーと MS テクノロジーを使用することによって、分離時に直交性次元が加わり、バイオ医薬品サンプル中に含まれる宿主由来タンパク質を ppm レベルで同定・定量できます。
オリゴヌクレオチド分析 オリゴヌクレオチド分析 - オリゴDNA MS分析について。ウォーターズのLCシステムをオリゴヌクレオチド分析に利用することによって、エラーシーケンスや修飾されたオリゴヌクレオチドをターゲットから分離、特性解析する機能が向上し、バイオ医薬品としての承認申請前に完全な特性解析を実行することができます。
ヘパリン分析 米国薬局方のモノグラフ改訂に従って、ウォーターズは、ヘパリンナトリウム中に混入した過硫酸化コンドロイチン硫酸(OSCS)分離に用いるイオン交換メソッドを開発しました。
ワクチン分析 UPLC/MSEとBiopharmaLynx は、ワクチンの分離分析やキャラクタリゼーションに特有な機能を備え持っており、それらの分析に必要な時間を削減することができます。
`