謝辞

これほど大きく多様な任務は、David Sarro氏による編集協力がなければ達成することができませんでした。長年私が執筆し続けられたのは彼のおかげです。そしてHilary Major氏からは助言と、様々なトピックについて技術的な疑問を解決するためのサポートをしていただきました。また、Doug Stevens氏にはGCおよびGCMSの部分で助けをいただき、John Van Antwerp氏には、LCMSの実用性について意見をいただき、大いに感謝しています。

Michael BaloghMichael Balogh氏はウォーターズコーポレーションのMS技術開発の主任研究員です。彼はロジャー・ウィリアムズ大学の非常勤教授と客員研究員を務める一方、国立科学財団(NSF)への補助金交付提案に関する審査を担当するメンバーでもあります。彼の現在の関心事は、質量分析のための大気圧イオン源のデザインとマルチモードイオン化の改良であり、これは彼が特許技術を開発した分野にあたります。1995年から2004年まで、Michaelは液体クロマトグラフィと質量分析(LC/MS)に関連する米国質量研究学会(ASMS)の委員長であり共同主催者でした。彼の過去20年にわたる業績は、「Journal of Nuclear Medicine」、「Journal of Chromatography」、「Analytical Chemistry」、「LCGC」、「 Rapid Communications in Mass Spectrometry」などに掲載されてきました。彼はLC/MSの基礎コースと実践コースを指導してきました。また、定期的に「LCGC」のNorth America版、Europe版、Asia版に「MS-The Practical Art」というコラムを寄せており、「LCGC」の諮問委員会にも所属しています。彼は現在、「Conference on Small Molecule Science(www.cosmoscience.org/)」を組織する「Society for Small Molecule Science」の共同創始者であり、同協会の理事長を務めています。

< 戻る

`