UPLC 原理・理論ガイド

はじめに

2004年に登場したUltra Performance LC(UPLC®)テクノロジーは、分離科学に革命をもたらしました。装置およびカラムテクノロジーの著しい技術進歩により、分離、スピード、感度の全ての面で著しい向上を実現させた分析機器として幅広くご利用頂いております。この開発に伴い、お客様が直面する課題と問題点を克服し、事業収益や生産性向上の推進を最大の目的として、ウォーターズはカラムに充塡される2μ以下の粒子とその性能を最大限に引き出す装置設計を同時に行うという包括的なアプローチによりUPLCテクノロジーを生み出しています。


40年以上の間、クロマトグラフィーにおける分離効率を改善するため、充塡剤粒子径の微細化が模索されてきました。ところが、ごく最近までLCテクノロジーはある種の停滞期にあり、装置内のバンド拡散や装置およびカラムの圧力限界というマイナス要因によって、粒子径を小さくすることによるメリットが十分に引き出されていませんでした。

図1:ACQUITY UPLC システム

ACQUITY UPLCシステム(図1)はこれら全ての障害を取り除き、2μ以下の粒子(1.7~1.8μm)を充塡したカラムを用いて理論通りの性能を実現するとともに、最高1030 Bar(15,000psi)の高圧力下で移動相を正確に供給し、クロマトグラフィーにおける新たな時代を確立しました。

 

UPLC テクノロジー では達成したいゴールにあわせて自在に分離能、スピード、感度をコントロールすることができます。お客様の目的が超高速分析の達成でも、分離を維持したスループット向上でも、分析時間を短縮しながらの分離改善でも、ACQUITY UPLCシステムの柔軟性によりこれらの要望への対応が可能です(図2)。

図2:UPLCテクノロジーの柔軟性- 高速、高感度、高分離能の実現

このテクノロジープライマーは既にUPLCをお使いの方だけでなく、ご興味をお持ちである研究者の方々がUPLC テクノロジーを理解し、UPLCを使用することによりお仕事で良い影響をもたらすことを目的に作成されています。

 

 

粒子径の小さい(2μm以下)カラムの有効性 最も基本的な意味でクロマトグラフィーの分離とは何かと考えると、二つのピーク間の距離(tR,2-tR,1)に対する二つのピークの幅(w)になります。ピークの幅を狭くするか、互いの間隔を広くするかで分離度(Rs)は向上します。
性能向上の論理的結論 UPLCは、システムのバンド拡散が抑制され、短時間で高分離のデータが得られるため、質の高い結果が確保できます。
UPLC テクノロジーがもたらす生産性の向上 このプライマーで概略を説明したクロマトグラフィーの原理とその適用方法を理解すれば、分離性能を最大限に向上させるには、粒子径や耐圧以外にも考慮しなければならない要素があることは明らかです。
バンド、ピーク、バンド拡散 サンプルバイアルからサンプル混合物を移動相中に導入すると、高圧ポンプによりクロマトグラフィーカラムの入り口に運ばれます。サンプル混合物と移動相はカラムの充塡ベッドを通過します。カラムを出ると、分離した混合物は検出器に運ばれます。

お問い合わせはこちら

企業情報