SFC

SFC(超臨界流体クロマトグラフ)

SFCは移動相にCO2を用いる画期的なクロマトグラフです。SFCは順相クロマトグラフィーに相当し、構造異性体・光学異性体(キラル)など比較的分離分析が難しい場合に活躍します。SFCは通常の液体クロマトグラフィー (LC) で問題となるカラム背圧・システム耐圧の問題が発生しない為、高速・高分離・高感度な分析が可能です。近年では質量分析計 (MS) を接続したシステムも普及し、順相クロマトグラフィー質量分析計を求める場合の標準システムとして利用されています。さらに、分取アプリケーションでは主溶媒にCO2を利用している為、分取と同時に移動相が気化します。結果的に高濃度な状態でターゲット化合物を分取することが可能となり、通常大きな律速になるエバポレート濃縮の時間を大幅に短縮します。
SFCとは?超臨界流体クロマトグラフィー専用ページはこちら


Prep15 SFC システム Waters Prep15 SFC システムは分析スクリーニングからセミ分取まで対応し、高速処理を行う強力なツールです。
Semi-Prep SFC Investigator 簡易分取機能付き分析SFCシステム:SFC Investigator 分析SFCシステムに、スクリュー管に直接サンプルを捕集する簡易な分取機能が付いたSFCシステムです。分析したサンプルを捨てずに回収したいというご要望に適したSFCシステムです。
Prep 100q SFC System Prep100q SFCシステム Waters Prep100q SFCシステムはオープンベッドフラクションコレクターを持つ超臨界流体クロマトグラフィー(SFC)システムで、特にMSトリガーなどのシームレスな分取向けに設計されています
SFC Prep 80, 200, or 350 大量分取用:SFC80q, 200q, 350システム 1つの化合物を大量に分取するご要望に適したSFCシステムです。キラル一日の最大処理量はgオーダーからKgオーダーまで幅広く対応しています。
ChromScope ソフトウェア ChromScope はMethod Station、Investigatorや大量分取用SFCシステムで使用するSFC専用のソフトウェアです。

お問い合わせはこちら

企業情報