固相抽出 (SPE) を用いたサンプルの濃縮および精製の原理

固相抽出 (SPE) を使用する3つの理由

1. 分析対象成分を問題なく検出および定量するためにサンプルから特定の不純物を除去することが必要です。ここに示した例ではサンプル前処理が不充分で不純物が除去できていないため抽出液には黄色の着色が残り、クロマトグラム中で分析対象成分にたくさんのピークが重なっています。

 

 

 

2. 使用する分析手法でより容易な検出およびより正確な定量を可能にするためにサンプル中の分析対象成分を濃縮することが必要です。分析対象成分が固相に強く保持される場合は大容量のサンプルをSPEカラムにロードすることが可能です。そのあと非常に少量の溶媒で溶出させることによって選択した分析ツールに呈するサンプル溶液中の分析対象成分の濃度を増大させることができます。

 

 

 

3. 質量分析(MS)で検出されなくても分析対象成分のシグナルを抑制するような不純物はサンプルから除去する必要があります。ここに示した例ではタンパク沈殿法は血漿サンプル中のリン脂質を除去できないため深刻なイオンサプレッションが起こっています。最適化されたミックスモードSPEプロトコールは最も清浄な抽出液を提供しイオンサプレッションを最小限に抑えています。

 

 

次へ >


固相抽出 (SPE) の目的と利点 固相抽出 (SPE) の目的と利点
固相抽出 (SPE) のメソッド開発 固相抽出 (SPE) のメソッド開発
固相抽出(SPE)メソッド開発のサマリ 固相抽出(SPE)メソッド開発のサマリ