プロテオミクス・プロテオーム質量分析

ウォーターズのプロテオミクスに関するソリューションおよび専門知識は、プロテオミクス探索研究のリソースをリードしています。ウォーターズの MS ベースシステムは効率を最大限まで高める、タンパク質の探索、特性解析、定量、およびバリデーションのための独自のツールを備えています。

ウォーターズは、プロテオミクス探索に携わる研究ラボの挑戦的な要求に応えるため、最先端の分析ソリューションを提供しています。ナノスケールの LC-MS/MS から、データに依存しない取り込みに関するウォーターズの先進的な取り組み、そして独自のイオンモビリティー分離まで、ウォーターズの最先端システムは、タンパク質の定量的および定性的探索、同定、翻訳後修飾の複合的な研究において最大限の情報を得ることができる独自のツールです。

  • 探索 -  LC および MS システムの最高レベルのピークキャパシティと目的に合わせて合理化された定量/定性分析ワークフローを組み合わせます。
  • 解析 - Progenesis QI for proteomics では、最先端のラベルフリー分析と非常に直感的に使用できるガイド付きワークフローを活用して、複雑なサンプル中のタンパク質を定量し同定します。
  • 特性解析 - ルーチンのボトムアッププロテオミクス分析からタンパク質またはペプチド構造の特性解析を行う ETD への切り替えが容易です。
  • 検証 - 正確かつ高感度なタンデム四重極型質量分析計または高分解能 Q-TOF型 質量分析計を使用してバイオマーカーの定量を行います。試験が大規模になるため堅牢性の重要度が高まりますが、性能、信頼性、スループットの向上は ionKey テクノロジーで実現可能です。

 

【オンデマンドWebinarコンテンツ】

※オンデマンドWebinarコンテンツをご視聴いただくにはサイト登録が必要となります。新規登録はこちら
既にご登録の方は、ご登録のメールアドレスとパスワードでログインをお願いいたします。 ログインはこちら


タンパク質バイオマーカーの探索 ピークキャパシティの高い UPLC 分離に加えて、高分解能質量分析計をバイオマーカー探索に用いるメリットをご確認ください。最先端のインフォマティクスによるデータ非依存的な取り込み手法を組み合わせることにより、サンプル中の膨大な数のタンパク質を正確に同定および定量できます。
バイオマーカーのトランスレーション バイオマーカーの検証およびバリデーションのためのウォーターズのソリューションは、探索研究から、堅牢で高感度かつハイスループットなタンデム四重極型質量分析計あるいは高分解能 Tof を用いた定量へと、スムーズに移行できます。
タンパク質の構造分析 SYNAPT G2-Si のイオンモビリティーと ETD を組み合わせることにより、高分子のタンパク質複合体の気相構造を明らかにします。ウォーターズは HDX 分析と組み合わせることで、分子に関する独自の洞察を構造生物学にもたらします。