タンパク質分析用逆相カラム

逆相クロマトグラフィー

短鎖官能基を結合したワイドポア(300Å など)のパーティクルを充塡したカラムで行われるタンパク質の逆相クロマトグラフィーは、タンパク質の溶液中における相対疎水性の違いに基づいて分離する技術です。有機溶媒の濃度を上昇するグラジエントが、望ましくないイオン性相互作用を最小限に抑えるイオンペア試薬(0.1%TFAなど)の存在下で分離に用いられます。一般的に、タンパク質やタンパク質サブユニットの疎水性により溶出順序が決定し、最も疎水性の低いタンパク質が最初に溶出します。分離条件(グラジエント時間、分離温度、流速など)はもちろん、パーティクル基材(シリカvs.ハイブリッド)、ポアサイズ、官能基の種類や密度も、アプリケーションの要求に合う分離を得るために重要な役割を果たします。

見積もり依頼
  • 概要
  • 関連製品情報
  • 商品
  • 製品カタログ
  • アプリケーションノート
  • サービス&サポート情報検索