プロテオミクス

プロテオミクスおよびバイオマーカー探索を研究する試験室のニーズに応えるのは、大変な重責ですが、ウォーターズは、タンパク質探索、詳細なキャラクタリゼーション、定量化、マーカーの検証に対応できる先進のツールをご提供しています。

 


Averica Discovery Services User Voice: Jeff Kiplinger, Ph.D., President, Averica Discovery Services - Supercritical Fluid Chromatography (SFC), now available from Waters, marks a new era in the greening of chromatography.
Beijing Institute of Radiation Medicine User Voice: Baiping Ma, Ph.D., Professor, Herbal Chemistry Lab - Herbal medicine has a long history dating back thousands of years. Do the herbs also hold curative powers for modern diseases?
Durham University User Voice: Jackie Mosely, Ph.D., Senior Research Officer, Dept. of Chemistry - University scientists survive avalanche of compounds. And come back for more...
Imperial College User Voice: Elizabeth Want, Ph.D., Lecturer in Molecular Spectroscopy - Congestion used to be a nightmare for the Department of Biomolecular Medicine at Imperial College in London (UK). Not automobile congestion, but data congestion...
Lundbeck Research User Voice: Mark Hayward, Ph.D., Director of Analytical Chemistry and Lab Automation - When the hopes of those stricken with a crippling illness are dependent upon your research, speed becomes paramount...
Pharmaron Beijing Limited Co. User Voice: Wenfang Miao, Ph.D., Vice President of Analytical Chemistry - Four years ago Pharmaron of Beijing, China had 20 employees. Today it has 600.
Southwest Michigan Innovation Center User Voice: Greg Cavey, Lab Manager, Core Life Sciences Laboratory - Imagine catching cancer cells before they become tumors...
University of California - Irvine User Voice: John Greaves, Ph.D., Director, Mass Spectrometry Facility - At UC Irvine, even students who can't say 'mass spectrometer' can run one...
アムステルダム大学 Johannes Aerts博士、医療生物化学部教授 – 希少な遺伝的疾患の研究は肥満治療にも役立つか?アムステルダム大学(オランダ)学術医療センターの研究者に尋ねたところ、その答えは「イエス」でした。
インペリアルカレッジ ユーザーの声: 生体分子医学部長ジェレミー・ニコルソン生物化学教授- 膨大な分子を非常にわずかな時間で
ウォーリック大学(英国) Jim Scrivens博士、生物学MS&プロテオミクス部門教授 - 必要は質量分析計の母。ウォーリック大学(英国)の科学者は、現状の装置で解決できない課題がある場合には、ウォーターズに相談します。
カリフォルニア大学デービス校 Julie Leary博士、分子細胞生物学部教授 製薬会社には、多くの優秀な研究者が在籍しており、新薬開発に挑んでいますが、大学には、それを支える基礎研究に従事する優秀な研究者がいます。
デューク大学 Arthur Moseley博士、プロテオミクス共同利用施設のディレクターは- ウォーターズの機器を用いて、デューク大学のInstitute of Genome Science and Policyの研究者たちとともに、多くの難問に答えを出してきました。
ノースイースタン大学 John Engen博士、化学および化学生物学准教授 - 問題:現存しない機器を必要とする科学者
ミシガン大学 Brandon Ruotolo博士、研究員 – タンパク質は単独ではなく、複合体(チーム)として機能すると考えられています.
リーズ大学 Alison E. Ashcroft博士、生体分子MS准教授 - リーズ大学のアストベリー構造分子生物学センターには、タンパク質およびタンパク質の折り畳み構造がどのようにほどけていくかを研究している先進気鋭の研究グループがあります。

お問い合わせはこちら

企業情報