多次元セパレーション


2D テクノロジー搭載 ACQUITY UPLC M-Class システム 2D テクノロジーでは、タンパク質の同定、定量、配列カバー率の向上を目的として、一次元目で pH 10の逆相クロマトグラフィー、二次元目で pH 2の逆相クロマトグラフィーを使用します。
2D-LCテクノロジー搭載 ACQUITY UPLCシステム 2D-LCテクノロジー搭載 ACQUITY UPLCシステム
Open Architecture UPLC システム 創薬ラボで働く研究者になじみのあるワークフローとして、Open Architecture UPLCシステムのフラットベッドサンプルマネージャとオープンアクセスソフトウェアから構成された堅牢なシステムでUPLCが使用できます。

お問い合わせはこちら

企業情報