メディシナルケミストリー(創薬化学)の分析

メディシナルケミストリー(創薬化学)は新規医薬品候補化合物の発見と、その化合物から有望な新薬を開発することを目的としています。現在でも新規候補化合物の物性と品質を正確に評価することには課題が存在します。スループットと効率の最大化が要求され、同時に年々増加するデータについても管理する必要があります。 

メディシナルケミストリーでは、短期間で同様の合成プロセスを実施します。データハンドリングに優れハイスループットに対応したクロマトグラフィーと質量分析計が創薬開発ステージにおけるスクリーニング、同定、最適化、物理化学的特性のプロファイリングの新基準です。

ウォーターズのUPLCとUPC2テクノロジーはメディシナルケミストリーラボの効率性において新展開をもたらします。


コンバージェンスクロマトグラフィー コンバージェンスクロマトグラフィー(CC)は、移動相と固定相の組み合わせの自由度が高いシステムです。CCで利用される主な移動相は超臨界CO2で、全ての有機溶媒と混和します。また、一般的な逆相LCと順相LCの固定相(カラムケミストリー)を使用することができ、分離領域が大幅に拡がります。
Open Architecture UPLC システム 創薬ラボで働く研究者になじみのあるワークフローとして、Open Architecture UPLCシステムのフラットベッドサンプルマネージャとオープンアクセスソフトウェアから構成された堅牢なシステムでUPLCが使用できます。
化合物ライブラリのメンテナンス UPLCを用いることにより、簡単な操作でスループット高く化合物ライブラリの確認および純度スクリーニングを実施することが可能となります。
オープンアクセス 装置とは異なる場所から操作できるオープンアクセスシステムでは、創薬研究者自ら、使いやすいソフトウェアとUPLC、またはUPLC/MSを使用して、サンプルの分析を行うことが可能です。
分取精製 低圧混合ポンプタイプのシステムから、多検体試料を処理可能なハイスループット分画分取用フルオートメーション分取LCまたは分取LC/MSシステム、大容量のサンプル処理精製に最適な超臨界クロマトグラフィー(SFC)システムまで、目的に応じた分取精製システムを提供します。