MassLynx 質量分析(MS)用ソフトウェア

MSおよびMS/MS分析では、複数の種類の分析装置があったり、担当者の頻繁に交代するなどの課題があります。ラボの生産性を維持、向上させるために、ウォーターズのソフトウェアを使用してMSシステムとのやり取りを簡略化し、高度な実験が可能です。

Waters MassLynx™ソフトウェアは、分析の中心となるサンプルに重点を置いて構築された直感的なインターフェイス、インテリジェントな装置コントロールやソフトウェア機能により、MSシステムを向上します。数多くのユーザーの声を活かして開発したMassLynxは、お客様が必要とする汎用性と柔軟性を備えたパワフルなソフトウェアパッケージとして進化してきました。

データを有益な結果に変換
取り込んだデータを有益な分析結果にするために、MassLynxソフトウェアには、MSに特化したラボの作業に便利ないくつかのアプリケーションマネージャを提供しています。


MassLynx ソフトウェア MassLynx ソフトウェアは、MS情報の取り込み、分析、管理、共有のための基本プラットフォームです。
QUANPEDIA QUANPEDIAは、LC/MSやLC/MS/MSの定量分析メソッドのデータベースであり、且つその拡張機能があります。UPLC/MS/MSの分析メソッド作成がシンプルで迅速にできます。
QCMonitor QCMonitorはQCやブランクサンプルのデータが、ユーザーによって設定された基準値内かどうかを自動判断し、MassLynxで取得された定量データの品質を分析中に監視します。
TrendPlot TrendPlotは、サンプル分析中の異常値の発見や、過去に実施した数多くのサンプル分析のトレンドをプロットするなど、長期間のシステム性能をグラフ化します。
TargetLynx 広範囲の自動品質管理チェック機能を備えた、ハイスループットな特定対象定量分析および確認分析を実現します。
OpenLynx Open Access LC/UV、LC/MS、LC/MS/MS、GC/MSでの直感的でわかりやすい操作。
FractionLynx FractionLynxはフラクションコレクタのコントロールおよび分取されたサンプルやデータの追跡を含むサンプルの精製を自動化します。
ChromaLynx LC/MS、GC/MS、LC/MS/MS、GC/MS/MSデータの解析を自動化し、多成分が含まれるマトリックス中の成分の検出、同定、および半定量的な測定を可能にします。
MassFragment MassFragment は、構造が既知の物質のプロダクトイオンの構造を解析する、化学的な視点を盛り込んだインテリジェントな構造解析ツールです。
MetaboLynx LC/MSおよびLC/MS/MSサンプル分析からin vitroあるいはin vivoの生体内変化の結果であるピークを短時間で検出します。
QuanOptimize QuanOptimizeアプリケーションマネージャは、LC/MSまたはLC/MS/MS分析で無人状態で複数成分の定量を行うためにMRM(またはSIR)分析法の設定を自動化します。
MarkerLynx MarkerLynxはLC/MS、LC/MS/MS、GC/MS、GC/MS/MSを使用したメタボノミクスおよびメタボロミクス研究から得られる複雑な多変量データの解析に役立ちます。
ProfileLynx リード化合物の最適化におけるクロマトグラフィに基づく物理化学特性分析のデータ解析を自動化します。
POSI±IVE POSI±IVEソフトウェアは、TOFから得られるデータの定性と定量を行い、最終的に検出された化合物の定量結果をレポートします。
BiopharmaLynx ペプチドマップまたはインタクトプロテインから、バイオ医薬品の同定や純度と安定性の測定を行います。
ProteinLynx Global SERVER (PLGS) 定量的および定性的プロテオミクス研究のMSインフォマティクスプラットフォームであり、またウォーターズのプロテオミクスシステムの中心でもある分析プラットフォームです。