LCによる精製・分取 - 液クロ

市場をリードするウォーターズのLCテクノロジーにより、精製が更に行いやすくなります。 

分取スケールHPLCクロマトグラフィーは、化合物の合成、同定、分離、精製、特性分析、スクリーニング、検査用途などさまざまなアプリケーションにおいて重要な役割を果たします。ウォーターズのHPLC精製ソリューションでは、半自動化されたモジュラーシステムからMS信号をトリガーにした全自動システムまで、研究の用途に応じて様々なスケールの分取システムを構築していただけます。 


Prep 150 LCシステム Prep 150 LCシステムはChromScopeコントロールを直感的にご使用いただける、ミリグラムからグラムスケールまでの分取精製に最適な汎用性の高いパーソナル分取システムです。
セミ分取から大量分取スケールHPLC 分析と全自動の能力を兼ね備えた、シングルハイスループットHPLCベースの分取用クロマトグラフィーシステムです。数検体から数百検体のサンプル処理に対応するフレキシビリティと、マイクログラムオーダーから数グラムオーダーにわたる分取精製能力をもつシステムです。
分析からセミ分取に最適なLC分取システム - SFC分析 分析からセミ分取に最適なLC分取システム - SFC分析について。ハイスループットを必要としない主成分・合成品の精製、不純物の繰返し分取などの数種の試料から数画分をセミ分取する目的に最適なシステム。ソフトウェアによる制御で使いやすく、マイクログラムからミリグラムスケールまでの分取精製に最適なLC分取システムです。
微量分取UPLCシステム - フラクションマネージャ(WFM-A) フラクションマネージャ(WFM-A) - UHPLC 微量分取について。フラクションマネージャ (WFM-A) はフラクションのロスとキャリーオーバを最小限に抑えながらピークをより適切に管理し、さらなる試験のための微量な試料を効率的に分取可能な、UPLC システム用の分析レベルのフラクションコレクターです。
分取およびLCシステム用光学検出器 HPLC光学検出器を使用することで、サンプルの詳細情報を取得することができます。検出器のフローセル、ネブライザーは目的にあわせて選択することができ、更に複数の検出器を接続することで、サンプルについてより多くの分析情報が得られます。