イオン源

あらゆる成分の情報を最大限必要とするとき、イオン化のオプションを数多く所有しておくと対応ができます。高性能を維持しながらイオン化オプションを迅速に切り替えられると、1台のMSプラットフォームであらゆるイオン化テクノロジーによりデータ取得できます。


UniSpray™ イオン源 UniSpray イオン源は、幅広い範囲の分析対象を一度にイオン化できるため、ユーザーはイオン源の交換にかかる時間を節約し、サンプルの分析により多くの時間を割り当てることができます。
ionKey/MS(イオンキー/MS) ionKey/MS(イオンキー/MS)について。ionKey/MS は UPLC分離部を質量分析計のイオン源と一体化したことで、他の MS システムでは達成できないレベルの高感度、クロマトグラフィ性能、堅牢性、操作性を実現しました。
ウォーターズの大気圧ガスクロマトグラフィー(APGC) - 質量・定量・定性分析装置 ウォーターズの大気圧ガスクロマトグラフィー(APGC) - 質量・定量・定性分析装置について。複雑なサンプル中の超微量成分の測定を行う必要がある場合、またUPLC、UPC2およびGCによるスクリーニングでサンプルに関する情報を最大限に得る必要がある場合、ウォーターズのAPGCを使用することで、GCユーザーがこれまで得ることのできなかった高度なMSテクノロジーが手に入ります。
LockSpray Exact Mass イオン化ソース LockSpray™ デュアルエレクトロスプレーイオン化ソースは、MS及びMS/MSモードにおいて確証のある精確な質量分析を可能とします。
NanoLockSpray Exact Mass イオン源 サンプルとレファレンス化合物を同時に最適化して導入可能にしたNanoLockSprayデュアルエレクトロスプレーイオン源アクセサリーは、NanoFlow LC/MS および LC/MS/MSの動作モードにより、正確な精密質量を提供します。
IonSABRE APCIプローブアクセサリー APCIは、極性の低い化合物の分析に有効なメソッドです。高効率なIonSABRE APCIプローブにより、以前のバージョンのプローブよりも高い感度が実現できます(特に、高い流速において)。
APPI/APCIデュアルモード イオン源 大気圧光イオン化(APPI)ソースは、大気圧化学イオン化(APCI)と連動し、独立したAPPIおよびAPCIが、1つの分析において、それぞれの実験データを取得することを可能にします。
大気圧固体試料分析プローブ(ASAP) 大気圧固体試料分析プローブ* (ASAP)は、大気圧イオン化を使用して、揮発性/半揮発性を持つ固体および液体サンプルを迅速に直接分析するための有効なツールです。

お問い合わせはこちら

企業情報