ドリフトタイムイオンモビリティー質量分析計

ウォーターズのSYNAPTシステムは、高分解能MSとドリフトタイムインモビリティーを組み合わせたシステムで、MS/MSワークフローを劇的に向上させ、今まで他の分析手法では不可能であった新発見を可能にします。


SYNAPT G2-Si高分解能質量分析計 SYNAPT G2-Si は分離、選択性、感度、構造推定において最高レベルで利用できる三次元分解能を統合した装置です。この比類なき探索力と多用性をどうぞお見逃しなく。
MALDI SYNAPT G2-Si高分解能質量分析計 分析における分離、特異性、信頼性を最高レベルに引き上げる高次元の分解能。イメージングやライフサイエンス研究、また化学物質特性解析のための強力で多用なプラットホーム
Vion IMS QTof Vion IMS QTof は、あらゆる科学者に、そしてあらゆる分析に対してイオンモビリティー選択性を提供する、高分解能 QTof 質量分析計です。
SYNAPT G2-Si アプリケーション 3次元の分離手法。そのすべてを得られるのはSYNAPT G2-Siだけです。
四重極-飛行時間型質量分析計(QuanTof、Fast DDA、MSE) 四重極-飛行時間型質量分析計(QuanTof、Fast DDA、MSE)について。ウォーターズの四重極-飛行時間型MSシステムは、QuanTof、Fast DDA、MSE テクノロジーを搭載することによって、1台のシステムで定性と定量を実施することができ、かつUPLC/MS/MSとしてのシステム性能を最大限引き出します。
飛行時間型質量分析計 飛行時間型質量分析計について。ウォーターズの飛行時間型MSシステムは、QuanTofやMSEテクノロジーを搭載することによって、 定性と定量を1台のシステムで実施することができ、且つUPLC/MSやUPLC/MSEの性能を更に高めます。

お問い合わせはこちら

企業情報

Ion Mobility Watch Free Ion Mobility Webcast

On-Demand Webcast: Making Ion Mobility Mass Spectrometry Routine
Watch Now

Measuring Protein Shape and Topology with Mass Spectrometry

Vicki Wysocki, professor of Chemistry and Biochemistry at Ohio State University, describes how she uses ion mobility MS to revolutionize the characterization of proteins, important in target and drug discovery fields.
Download Video

TriWave Logo The highest selectivity, specificity and experimental versatility

TriWave technology enables you to separate on the basis of size and shape as well as m/z, dramatically enhancing sample definition.
Learn more

Image See more than you ever thought possible

Read the latest peer reviewed papers and find out how Waters SYNAPT instruments give you the highest levels of information.
Read more