和光堂株式会社様

Users Voice お客様活用事例トピックス

和光堂株式会社  研究開発二部
主任研究員 秋場 高司様にお話を伺いました。

 

―本日はお忙しいところありがとうございます。まず秋場様のお仕事の内容をお話しいただけますでしょうか。

 秋場様(以下敬称略):  和光堂はベビーフードや粉ミルクなど赤ちゃん向けの製品を中心に扱っているということもあり、15年位前に安全や安心に対応しなければいけないということで立ち上がった部署が、分析研究室(当時)というところでした。その当時は残留農薬分析とミネラル・重金属分析を行っておりましたが、その後測定対象を増やしており、我々は危害物質と呼んでいますけれども、それらの分析を通じて食の安全や安心を担保していくというのがメインの仕事になっています。今は部署名が変わっていますが、こうした仕事をずっと続けている部署に所属しています。

―お仕事の中でLC/MSや、LCが関わるところは、かなり多いでしょうか。

 秋場:そうですね。測定とか分析というキーワードのものはすべて我々のところに分析依頼がくるのですが、有機物分析、無機分析、異物の解析、さらにGMO検査やアレルゲン検査など様々です。有機物分析の分野で限っていくと、LCとGCに大きく分かれると思いますが、やはりLCの方が、ターゲットになるものは多いと思います。

―秋場様のところではLCとしてHPLCだけでなくUPLCもお使いいただいていますが、UPLCはどのような経緯で導入していただいたのでしょうか。

 秋場:最初はMS/MSのインレットとしてUPLCを導入しました。取り込みスピードが速いということもあって、残留農薬などの分析をLC-MS/MSでする上では、UPLCというのはスタンダードになりつつある、ウォーターズさんに限らず各メーカーさん、考え方的には同じで、それがスタンダードになってきているのかなと思います。

―はい。

 秋場:最近、栄養成分の分析法開発をお手伝いすることが多くなってきたということがあります。そういった中で、省力化、高速化の観点からUPLCが有効であることは分かっていたのでUPLC単体としても使いたい、だけどコンベンショナルHPLCの分析法の開発も手伝うこともある。さらに、栄養成分でアミノ酸分析もやりたいという話もあり、それらを総合的に考えると、H-Classはすべてを満たす最適な装置でした。また、稟議書に理由を書くのに、「1台3役です」というのは装置導入にあたり上層部を説得するのにとても有効でした。装置の稼働率も考えなければなりませんので。

―実際にH-Classを稼働されていて、HPLCとして使われるケースも結構ありますか。

 秋場:導入して2年になりますが、今のところはないです。結構な台数のAllianceが入っているので・・・。ただ、それが埋まっていたとしても、必要な時は使えるようにということで、30cmカラムオーブンも横につけて、フルセットみたいな形で導入させていただいています。今はやはりUPLCとしてと、アミノ酸分析用として使用しています。いざというときにコンベンショナルLCとしても使えるというのは、すごくメリットだと感じています。

―ありがとうございます。今回、CORTECS 1.6μmをお使いいただきましたが、最初に何からお知りになりましたでしょうか。

 秋場:御社の営業の方からです。装置なり、カラムなり、新しいものが出ると「こんなの出ました」という感じで、結構早く情報を頂けます。CORTECS 1.6μmも御社の営業の方から最初に聞きました。

―実際にご購入いただいたのはいつですか。

 秋場:発売してすぐではないですね。使いたいなという分析があって購入しました。

―ありがとうございます。CORTECS 1.6μmで良好な結果が得られたということですが、何の分析に対して、元々どのような課題があって使ってみようと思われたのでしょうか。

 秋場:牛乳や乳製品の中に含まれているアフラトキシンM1(AFM1)というカビ毒がありまして、我々は粉ミルクを扱っていますので、原料や製品をチェックするということを、元々ルーチンの仕事で行っていました。AFM1に関しては蛍光の検出器で十分感度が出るということで、国立医薬品食品衛生研究所から分析法が出されていて、それをトレースして分析しています。そちらはコンベンショナルLCを使って、4.6×250mmのカラムを使用しています。

―粒子径5μmでしょうか。

 秋場:3~5μmですが、我々は5μmを使用しています。インジェクション量として100μLまで入れられるということで、感度を稼げたというのがあります。標準溶液の濃度的には0.04ppbを、検量線の一番下にして測定する方法で行っていました。

それをCORTECSに変えたきっかけは何ですかと言われると、これは本当に笑い話ですが、使用していたHPLCが壊れたのです。Allianceをずっと使っていたのですが、10年以上使っていて再現性がなくなってきていたので更新することは決まっていました。ただ、当然更新するまでの間もAFM1分析はありますので、「どうせならUPLCにしてもいいのではないか」というところから始まりました。

―そうなのですか。

 秋場:AFM1の分析は、コンベンショナルLCで行った場合、10分位に溶出するように設定をしているので、標準溶液の分析ではイソクラティックの条件で12~13分位です。しかし、我々が測るのは、「ミルク中のAFM1」ということで、イムノアフィニティーカラムを使って精製していますが、やはりまだ夾雑成分、マトリックスが存在しますので、洗浄工程を入れています。洗浄工程を入れて再度平衡化すると、大体1分析で60分位かかっていました。1検体n=3で、例えば4検体とか来ると、それだけで12時間ですから、夜分析をかけて帰って、次の日に来ても終わっていないということが結構ありました。その間ずっと溶媒が流れていると考えると、溶媒のコストもかなりかかります。UPLCで少量化することで溶媒の使用量も減る、エコにもつながるということで、やってみました。

―そうですか。

 秋場:AFM1は結構ルーチンで分析しているので、UPLC化する上で一番大事なのはコストでした。そのため最初はUPLCで使えるカラムで、なおかつコストの安いものということで、某メーカーの粒子径の小さい安いカラムを使ってみたところ、0.04ppbの濃度ではピークとして出て来ない、H-Classの注入量の上限が10μL(*拡張ループをつければ1000μLまで可能)ですので、10μL最大入れてもピークとして認められない位でした。そこで分離能を上げれば見かけ上の感度が上がるのではないかと、その時手持ちであったコアシェルタイプのカラムを使ってみました。

―粒子径はいくつですか?

 

 秋場:2.7μmだったと思います。結果として感度は出て、分離もしてはいるのですが、インジェクションの溶媒ピークのショルダーに乗っかってしまいました。単純に分析を短くしてしまった分、溶媒ピーク側に寄ってしまったのかなということで、もう少し分離能を出せないかと考えたときに、2.7μmのコアシェルタイプから分離能を上げるということで、CORTECSの1.6μmがあるのを思い出しました。

―ありがとうございます。

 秋場:すぐ購入して試してみたところ、切れがいいというか、溶媒ピークもストーンと落ちて、ベースラインのところでピークが検出でき、なおかつ0.04ppbのピークが明らかに認識できて十分な定量性も取れました。最初の目的がコストというところもあったのですが、やはり低濃度のところを見たいというのもありまして、どうしてもそこは譲れないというところで、CORTECS 1.6μmが良いということで採用して使っています。

―ありがとうございます。コストとおっしゃっていましたが、カラムのもちが良ければ若干最初の導入コストが高くても、最終的な分析あたりのコストは安くなると思うのですが、お使いいただいていて、カラムの耐久性や寿命についてはいかがでしょうか。

 秋場:毎日ではありませんが月に10検体以上はコンスタントに分析していて200回位は分析したと思いますが、今のところ全く劣化は見られませんし、ピーク形状も変わらず、左右対称のきれいなピークで、何の問題もありません。もう少し様子を見ていく必要はあるかなとは思いますが、確かに耐久性さえよければ、最初の導入コストが若干高くても全体としてはトントンになります。以前は、だめになったらすぐ捨てて、替えてみたいなところがありました。

 

―CORTECS 1.6μmですが、今後、他にどのような分析に使用してみたいとか、使用できる可能性があるなどございますか。

 秋場:今回はUPLCと蛍光検出器の組み合わせで使っていますが、これだけいいと、当然UPLCをインレットにするLC-MS/MSでも、CORTECS 1.6μmで分析したほうがいいものもあるのではないかと。もしかしたらLC-MS/MSでこれから分析法を開発する時は、まずCORTECSを使うのもありかと。ファーストチョイスになるかもしれない。

―ぜひご検討下さい。

 秋場:もともとLC-MS/MSでコアシェルタイプは結構使ってはいました。2.6-2.7μmのタイプですが、圧が上がらないので流速を上げて速くできるというのがありました。ウォーターズさんがUPLC用のコアシェルということで1.6μmのCORTECSを出されて、食品分野ではそこまではいらないのではないかと正直思った部分はあったのですが、実際に使ってみて性能を実感しましたので、今後新しい分析にも使っていく可能性は高いかなと思います。

―ありがとうございます。もともと究極の理論段数を実現するということで1.6μmのCORTECSを発売しまして、非常にご好評を頂いてお客様からもHPLCでの使用に適したものも欲しいというご要望を頂き、今年の5月に同じ選択性の2.7μmのCORTECSを発売しました。秋場様にもご購入頂きましたが、まだご使用になってはいませんか?

 秋場:そちらはまだ使ってはいないのですが、栄養成分の分析でブラッシュアップしていかなければいけない部分がまだたくさんあります。公定法通りでは4.6×250mmのカラムが一般的で、それを使っている方法がかなり多くあります。同等性がとれれば自主検査的にもう少し少量化していくといったことができるので、ビタミンの分析などでは、セミミクロ化をしたりしています。そういったところにCORTECSの2.7μmなどをとり入れることで、さらに速い分析も可能になるかと思います。またコンベンショナルなものから、CORTECSというのもありかとも思っています。分析法を改良するタイミングで使ってみようかなということで、購入させていただきました。

 

―ありがとうございます。各社2.6μm、2.7μm販売していますが、実際に使って頂いたお客様からは、弊社のCORTECSは圧が低めでスループットも上げられて使いやすいとコメント頂いています。

 秋場:同じ性能が出るのであれば、圧はより低いほうがいいのかなと感じています。

―ぜひご検討をいただいて、またお話を伺えればと思います。

 秋場:わかりました。

 

―今後LCカラムに期待されるところはありますか?

 秋場:分析というのはあくまで手段だと思うので、目的に応じた選択ができるようなバリエーションはあってもいいかなと思っています。ルーチンで使うものは、もちろん初期コストとか耐久性のバランスだと思うのですけれども、コスト重視のものと、分離に特化したカラムということで、今回のCORTECS1.6μmのような分離重視型のものもあってもいいかなと思います。

あと、ウォーターズさんはカラムのチャートを出されていたと思うのですけれども。

選択性チャートですね。

 秋場:あれをまた続けてほしいなと思います。まだ出されていますか。

―はい。現在は弊社のウェブ上でご覧いただけます。

 秋場:一般的なODSだけでも各メーカー数多く出されていて、選択肢が広がり過ぎて選べないというのもあると思います。アプリケーションの情報ももちろんですが、選択チャートのようなものも選択の指標としてあると助かります。また、メーカーの方で特徴のある新しいカラムを作った場合には、どういう特徴で、どう使えるのかというのが、よりわかりやすく開示していただけると、選択しやすいのではないかと感じています。選択しやすい環境を作って頂ければと思います。

―そうですね。確かに選択肢が増えすぎると、選ぶのも大変ですね。よりお客様が適切なカラムを選択できるように、検討していきたいと思います。

 秋場:そうしていただけると助かります。選択できる人はいいのですが、選べる人ばかりではありません。人を育てていく上で、それを教えるというのはなかなか難しいです。「この化合物にはこのカラムが向いている」ということが分かって、カラムを選ぶのであれば単純明快だと思いますので、ぜひよろしくお願いします。

―はい、ご意見ありがとうございます。御社では弊社の装置もいろいろお使いいただいていますが、問題無くお使い頂いていますでしょうか?

 秋場:問題はないですね。Allianceなど息の長い商品ですので、使い勝手が変わらないという観点で良いですね。そういう意味では、そのままロングセラーでやっていただけると助かります。HPLCに関しては、ほぼ完成されてきているというころがありますので、新しいところに関してはUPLCに求めていけばいいのかなと思います。

 

―UPLCの使い勝手はいかがでしょうか?

 秋場:Allianceをずっと使ってきたというのもあって、低圧の4液混合のグラジエントに慣れ親しんだというのがありますので、AllianceからUPLCに移行する場合、H-Classは使いやすい、入りやすいと思います。

―装置について何か今後のご希望はありますか?

 秋場:新しい人が装置の使用方法を覚えるというのが一番大変です。その装置について全然知らない人が入ってきて、一から教えるのは結構手間になります。ですので、ユーザーフレンドリーな装置が出てくるといいなと思います。

―はい。

 

 秋場:そういう意味ではQDaは、そういうコンセプトが見て取れるのかなと思います。メンテナンスがフリーとまではいかないけれど、楽にボタンを押せばいい。

 

―そうですね。真空を切った状態からボタンを押せば20分位で使えますので。

 秋場:UPLCもMS/MSもそういったものが波及してくると、よりいいのかなと思っています。

 

―はい。ご意見承りました。弊社の製品ではOasisSep-Pakなど前処理製品も使っていただいていますよね。

 秋場:Oasisはファーストチョイスとして使用しています。アプリケーションが多いので。また、(逆相・イオン交換ミックスモード4種類に逆相の)HLBを含めて5種類になるセットでの2×4メソッドは、シンプルで良いですね。Oasisシリーズの5種類は常に欠かさず置いておくという感じにしています。

―ありがとうございます。

 秋場:我々はLC-MS/MSを主力として使っていますけれども、全てがMS/MSである必要はないと思っています。前処理で選択性を上げて、LCで分析できれば、MS/MSのイオン化について気にしなくてもいいというのもあります。ウォーターズさんは前処理、カラム、装置をトータルで扱われていますので、トータルパッケージでご提案いただけると良いと、常に感じています。標準溶液で分析されたものを見ても、実サンプルだとどうなのかが分からないとなかなか採用しにくいですが、「こういったサンプルに添加した場合、こんな感じで出来ます」というのがアプリケーションとしてあると、「ああ、なるほど」と採用しやすいですよね。

―そうですね。他にウォーターズに期待されるところはございますか?

 

 秋場:UPLCもいち早く出されて、すごく革新的だったと思います。それが今はスタンダードになりつつありますね。

もう10年になります

 

 秋場:10年ですね。食品だとどうしても前処理にすごく時間がかかって律速になってしまうので、分析を速くしてもどうなのかというところもありました。しかしUPLCがこれだけ普及してきて実際に使ってみると、確かに前処理は律速にはなるのですが、その前処理法の検討や、測定条件を設定する際もいろんな条件を非常に素早く変えられますので、分析法開発のところにすごく優位性があると思います。UPLCはすごいなと。初めに出たばかりのときは、「食品じゃ流行らないかも」と思っていましたが、実際に使ってみると、CORTECSもそうですけれども、そういうところが目の付け所が違うなと思っています。

 

―ありがとうございます。

 秋場:そういう意味ではUPC2 も、昔からあるSFCの技術を分析レベルで一般的に使えるようにしたという点で、すごく革新的なのかなと思います。また次のステップで、どういうものをウォーターズさんが出してくるのかを楽しみにしています。

―ありがとうございます。最後に御社のご紹介をお願いします。

 秋場:最初にもお話ししましたが、私たちはベビーフードや粉ミルク、乳幼児用の食品をメインで扱っているメーカーです。そのため一般の食品よりも求められるものがかなり厳しいと思っています。食の安全・安心というところが昨今騒がれている中で、分析で何ができるのかというのを常に考えています。我々はブランドステートメントに、「ずっと、赤ちゃん品質」というのを掲げていますけれども、一般食品よりも、より低いレベルで見て「安全です」ということが言えるように、ゼロリスクとか100%安全というのはなかなか難しいですが、よりそこに近づけられるように、日々取り組んでいます。お客様が安心して赤ちゃんにあげられるような商品をご提供したいと考えています。

 

―本日はありがとうございました。