【日本国内編】 お客様事例

Academic Resources

MS テクノロジー

Chemical Materials

Environmental

Food Testing

Forensics

製薬 & ライフサイエンス

プロテオミクス

PLS: Early Stage Development

PLS: Operations

PLS: Biopharmaceutical

[Video] 九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター様  ダイレクトMS

第一回目のユーザーリポートでは、九州大学最先端有機光エレクトロニ クス研究センター 安田琢麿准教授にお話を伺い、ダイレクトMS の導入目的と実験内容につ いてお聞きしました。

研究センターでは、有機EL ディスプレイや有機太陽電池、有機半導体などの有機エレクトロ ニクスデバイスに利用される材料に関する研究を行っています。ダイレクトMS の導入により、 どのように研究効率が上がったのでしょうか。現場の声をお聞きください。

ダイレクトMS は、固体でも液体でも迅速な直接分析が可能です!

ダイレクトMS は、煩雑で時間のかかるサンプル前処理を必要としません。サンプルが固体で も液体の状態でも直接分析することができ、15 秒以内にサンプル情報を得られます。迅速に結 果の確認ができる効率の良いシステムです。
ダイレクトMS を用いた実験内容例:

  • 反応の進行状況確認
  • TLC スポットの目的性生物の確認
  • 分取精製した溶液の確認


 

詳細を見る