極性化合物分析 インハウスセミナー


  • Overview
Date(s): 04 January 2017 - 27 December 2017
Time:
Location: お問い合わせください
Language: 日本語

極性化合物の分析にお困りの⽅へ

分析者が直面する困難な問題のひとつは、高極性化合物の保持と分離です。極性化合物の分析PartⅠでは逆相クロマトグラフィーで高極性化合物を保持するメカニズムを説明し、高極性化合物の保持とカラム寿命を向上させるためのファクターについて解説します。極性化合物の分析PartⅡではさらに高極性の化合物の分析やMS分析に採用される親水性相互作用クロマトグラフィー (HILIC) についてご紹介します。最近注目を集めているHILIC ですが、適切な分析条件を採用しないと良好な結果を得られないことがあります。本セミナーでは分析条件がHILIC 分析に与える影響や分析法開発の手法をご紹介します。

PDFをダウンロードして必要項目を明記の上、FAXにてお申し込みください。

 東京(東日本)でお申し込みはこちら    大阪(西日本)でお申し込みはこちら
申込書ダウンロード(東日本)
 
 
お申込書ダウンロード(西日本)
 





 東京(東日本)でお申し込みはこちら    大阪(西日本)でお申し込みはこちら
お申込書ダウンロード(東日本)
 
 
お申込書ダウンロード(西日本)