MS フォーラム - 化学工業

Dates / Locations:
We are sorry, there are no scheduled event dates. Please Contact Waters Online for help.
  • Overview
Language: 日本語

◎ご参加のお申し込み方法
上記「開催日/開催地」からご希望の日にちを選択しお進みください。
「開催日/開催地」を選択されませんとお申し込みを進めることができません。

ページが切り替わりましたら、「お申込みはこちら」をクリックしてお手続きを進めてください。

◎セミナーのお申し込みには、ウォーターズウェブサイトへのログインまたは新規登録が必要です。
新規登録後、「ウェブサイト登録完了メール」が届きますと、ログインしてセミナーへのお申し込みが可能になります。


日時
大阪会場:10月5日(木)
東京会場:10月11日(水)

各会場とも10:00-17:00(情報交換会は18:30まで)

定員
大阪 180名
東京 280名

参加費
無料

受付終了
開催日前日の12:00まで
(定員に達し次第締切とさせていただく場合もございますので、お早めにお申し込みください。) 

 

プログラム

化学工業 セッション

対象:エネルギー、機能性/高分子材料の研究に携わる方

 

化学工業分野における質量分析計の活用事例紹介

10:00 - 11:50

共通セッション

-- 革新的治療薬における質量分析の役割 --

革新的アカデミア創薬支援とエピトランスクリプトミクス解析による創薬展開
[ 大阪大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 細胞生理学分野 辻川 和丈 様 ]

-- High Definition MS (HDMS)  --

HDMS を活用した多次元型網羅的メタボロミクス解析基盤技術開発と
ヒトがん組織検体を用いたバイオマーカー候補分子の精密同定
[ 東北大学 東北メディカル・メガバンク機構/大学院医学系研究科、AMED-CREST 三枝 大輔 様 ]

11:50 - 13:10

休憩
(昼食は弊社でご用意いたします。会場へ飲食のお持込はご遠慮いただいております。
不要な方は近隣の飲食店等をご利用いただければ幸いです。)

午後からは各セッションごとの内容となります。こちらは「化学工業 セッション」となります。

13:10 - 13:50

化学工業分野におけるウォーターズの質量分析計の応用
[ 日本ウォーターズ株式会社 ]
有機材料分析は、その構造の複雑化や高分子量化に伴い、より困難な課題を抱えるようになりました。
有機材料中の不純物、または副生成物だけでなく、品質要因解析などの要因特定から機能性評価にお
ける物理的な分布などに関するニーズも高まっています。様々なイオン源を活用し、高分解能質量分
析計をより効果的に活用するソリューションに関して提案します。

13:50 - 14:30

IMS・HRMSの有機材料分析への応用の可能性
[ 東亞合成株式会社 小島 慎司 様 ]
IMS・HRMS の有機材料分析への応用の可能性について、いくつかの事例をもとに紹介する。

14:30 - 15:10

DESI によるフィルム表面分析の可能性
[ コニカミノルタ株式会社 伊藤 博人 様 ]
フィルム基材を用いた積層材料開発において、接着性は重要な特性と考えられている。接着性の
評価には材料表面の化学組成分析が必要であり、超高真空下で測定を行う表面分析手法が広く用
いられている。今回、フィルム表面の化学組成について、現場ですばやく情報を得ることができ
るDESI による評価の可能性を検討した結果について紹介する。

15:10 - 15:30 休憩

15:30 - 16:10

 

ポリマー材料の添加剤分析における多変量解析の活用
[ 矢崎総業株式会社 岡本 真実 様 ]
ポリマー材料中の添加剤組成を把握する事は、その材料の特性や寿命を予測する上で極めて重要
であるが添加剤成分は多成分系である場合が多く、多検体の取り扱いにおいては各成分を迅速か
つ網羅的に捉える事は困難である。今回ポリマー材料の安定剤成分に着目し、UPLC / Xevo G2
-XS QTof のデータに多変量解析を適用した事例について紹介する。

16:10 - 16:50

熱分解GC/HRMSを用いた高分子材料解析の可能性
[ 名古屋工業大学大学院 工学研究科 大谷 肇 様 ]
高分子材料の熱分解GC-MS 分析においては、一般に複雑な熱分解物を生成するが、マススペク
トルライブラリーに登録されていない場合も多く、フラグメントパターンの解析とともに、分子
イオンの把握とその精密質量測定がしばしば同定の鍵を握る。本講では、この目的に対するGC-
高分解能 (HR) MSの可能性を論ずる。

16:50 - 17:00 閉会のご挨拶
17:00 - 18:30 情報交換会

※ プログラムが変更される場合もございます。

MS フォーラム セッション選択ページへ

 

◎「お申込みはこちら」をクリックして先にお進みください。こちらは【化学工業 セッション】でのお申し込みになります。

 

セミナーについてのお問い合わせ  お問い合わせの種類「イベント/教育コースに関するご質問」をご選択ください。

 

◎セミナーのお申し込みには、ウォーターズウェブサイトへのログインまたは新規登録が必要です。
新規登録後、「ウェブサイト登録完了メール」が届きますと、ログインしてセミナーへのお申し込みが可能になります。